2019年8月19日月曜日

とても残念な鈴木雅明





『西洋音楽史』岡田暁生(中公新書・2005)

P90~
 19世紀とは、それまで音楽史的にどちらかといえば後発国だったドイツが、西洋音楽の覇権を握った世紀だった。ドイツ語圏には、すでにハイドンやモーツァルトやベートーヴェンやシューベルトがいた。そこに加えて、バッハというさらに途方もない作曲家が再発見されたのである。「世界に冠たるドイツ音楽の偉大さ」の神話的起源の歴史的証明として、これ以上のものがあっただろうか。しかも当時のドイツでは、「時流におもねった娯楽にすぎない」フランスやイタリアのサロン音楽やグランド・オペラの「軽薄さ」を、ことさらに言い立てる煩向かあった(「軽薄なフランス・イタリア音楽」対「時代を超越した偉大なドイツ音楽」という図式は、今日なお死滅してはいない)。これが当時のドイツの文化的劣等感の裏返しであったことはいうまでもないが、いずれにせよ「軽薄な同時代潮流から超然としていた孤高のバッハ」とか「忘却の彼方から蘇った偉大なバッハ」といったイメージが、当時のドイツ音楽ナショナリズムにとって格好の錦の御旗になっただろうことは、想像に難くない。リストやワーグナーの「未来音楽」の概念やマーラーの有名な「やがて私の時代がくる」という言葉を思い出すまでもなく、ドイツ・ロマン派は「偉大であるがゆえに同時代には受け入れられなかった芸術家の苦悩」といったストーリーが大好きだった。「バッハ再発見」は、このロマン派的筋書きにあまりにもぴったり「はまった」といっても、バッハに対する冒涜にはならないと思う。
 具体的な作曲様式の点でも、19世紀のバッハ熱は偶然の産物ではなかっただろう。つまりバッハの音楽は、演奏次第でまるでロマン派のような、情熱的かつ記念碑的な音楽になるのである。逆の言い方をすれば、ワーグナーで頂点に達するロマン派の管弦楽法は、絶えずバッハ的=オルガン的な響きをオーケストラで再現しようとした。ブゾーニによる《シャコンヌ》のピアノ編曲やワーグナーかマーラーのような大オーケストラを使った有名なメングルベルクによる《マタイ受難曲》の録音が、その好例である。こうした19世紀的な「ロマンチックなバッハ」は、20世紀中に駆逐された。現代は古楽演奏の全盛時代である。ブゾーニやメングルベルクのような響きを、バッハが実際に意図していたとは、まず考えられまい。だが大事なのは、たとえ歴史的に誤りだとしても(つまりバッハがこうした「ロマンチックな」音響をイタージしていたとは考えられないとしても)、バッハ作品の多くがロマン派音楽のような「ドラマチックな苦悩の表出」としての演奏を可能にするという点である。どう細工しても、ヴィヴァルディやスカルラッティをワーグナーかマーラーのように響かせることは不可能だ。だがバッハの場合、作品によってはある程度これが可能なのだ。典型はもちろん《マタイ受難曲》である。この点でもまた、バッハは見事にロマン派の時代に「はまった」のではないか。
(引用終わり)


 バルト3国巡りで、パイプオルガン弾きの加藤氏(仮名)と一緒に10晩ほど話をしたことの余波が続いている。

 バッハが好きで好んで聴いていると私が話し、しかしその私が「鈴木雅明」を知らないと応えると、加藤氏は呆れたように・叱るように、
「バッハが好きなくせに鈴木雅明を知らないとは、信じられないねー」
 と嘆息したのだった。私は尻尾を丸めて噛むしかなかった。ワーグナー・ブルックナーの次に来るのが、私の場合は、バッハで、ヘルムート・リリングによる全集を買ってはいるものの5分の1すら聴いてはいなかった。
 で、日本に戻ってからアマゾンで鈴木雅明を探す。手に入ったのが、シュッツやモンテベルディなどバッハ以外の作曲家も入った、15枚組のCDボックスセットだけだった。確かに、外連味のない落ち着いて澄んだ演奏で、日本の合奏団でもこうした演奏ができるのだと感心した。しかし、同じバッハでも、マタイ受難曲は既にアマゾンでは手に入らなかった。図書館を調べてみると、幸い札幌の中央図書館に鈴木雅明指揮のバッハコレギウムジャパンのメンバーによるものが所蔵されていたので、それを借り出して聴いた。

 ところで、マタイ受難曲は何種類かの演奏団のものを持っている。

 最初に買ったのは、恐らく1990年である。その年、ジョゼフ・ヘラーの『笑いごとじゃない』が筑摩文庫になって書店に並んだ。それを見つけて読んでみると、本の中に、ギラン・バレーで生死の淵を彷徨い(30年前は今とは全く異なりギラン・バレー症候群の致死率はある程度高かったし予後も決して良くはなかった)ベッドに横たわっているヘラーが、テープで(ウォークマンを使い?)このマタイ受難曲を耳にして、圧倒的な感動に打たれたことが書かれていた……と思う。「と思う」というのは、私の家の「本の海」の中から、このヘラーの文庫本を探すことはほとんど不可能であり、かすかな記憶しか私にはないからである。
 文庫本を読んで、すぐに街のCDショップに出かけた。当時はもちろんアマゾンなんぞという便利なものはない。CDショップで見つけた3枚組のマタイ受難曲を買い、それを聴き、「そこそこ感動した」ことだけは記憶している。
 そこそこしか感動できなかったのは、当時の私にはブックレットのドイツ語を読み通す能力が無かったからである。この作品は、耳でドイツ語を聴き、それを理解しながら作品を経験しなければ味わうことは不可能なものなのである。ヘラーは、恐らく、ドイツ語をそのまま理解できたのだろう。ヘラーはロシア系ユダヤ人のアメリカ人であり、大学での高等教育は受けていなかったものの、幅広い教養を身につけていた。死線を彷徨うベッドの上でマタイ受難曲を聴くような男なのである。
 話を戻そう。
 幾つかのマタイ受難曲の演奏の中で、評価のすこぶる高いものが、カール・リヒターによる1958年のものである。それはアーカイブ(グラムフォンの古典音楽専門レーベル)で買ったボックスセットの中に収められていて、私も一度耳にしたことがあった。確かに、うまい、と思っていた。
 ところが……。
 バルト3国巡りで加藤氏から窘めれ、日本に戻ってから聴くようになった鈴木雅明。自身もプロテスタントであり、オランダ留学時代にはトン・クープマンにも師事したというこの東京芸大卒の有名なバッハ演奏家による、マタイ受難曲は、全くゴミ、なのである。
 全くゴミであることは、リヒターの演奏と聴き比べると子供でも理解できると思うけれども、そもそも、鈴木雅明の「演奏形態」がゴミ、なのである。
 マタイ受難曲の、少年合唱団、ボーイソプラノは、この作品の「核」である。
 鈴木雅明は、そのボーイソプラノを全く無視してしまっている。

 ここに画像として引用しているのは、鈴木雅明のマタイ受難曲のCDに含まれているブックレットからの写真である。少年合唱団、として参加しているのは、たった10人である。
 しかも、その10人中、8人は少女なのである。つまり、男の子は2人しかいない。
 で、鈴木雅明のマタイ受難曲では、ほとんどまったくボーイソプラノは機能していない、存在していないに等しい。ボーイソプラノは、コラールで中心的役目を果たしている、普通は。この、男でも女でも人間でもない・天使の声というよりは、「人間の精神の直接の声」のようなボーイソプラノが歌う神の希求・イエスへの信仰は、従って、鈴木雅明のマタイ受難曲では全く表現されていないことになる。
 だから、ゴミ、なのである。
 ゴミ、というより、バッハとマタイ受難曲という最高の作品への「冒涜」と呼んでもいいのかもしれない。
 どうしてこんなヒドイ演奏を恥ずかしくもなくCDなんかにして出しているのだろうか、と、加藤氏が目の前にいたならば訊いてみたいものである。
 なるほど、「きれいにまとまってはいる」、しかし、何の感動も与えない。コラールが、どのコラールも、切実さも切迫感もなく、キリストへの信仰を告白する真摯さなど一片も感じられない「鈍感な歌」になっているからである。

作成途中


資料 香港

https://www.bbc.com/news/world-asia-china-48607723
Why are there protests in Hong Kong? All the context you need
By Helier Cheung & Roland Hughes
BBC News
25 July 2019
The protests began over plans - later put on ice - that would have allowed extradition from Hong Kong to mainland China. But they've now spread to reflect wider demands for democratic reform.

This is not all happening in a vacuum. There's a lot of important context - some of it stretching back decades - that helps explain what is going on.

Hong Kong has a special status...
It's important to remember that Hong Kong is significantly different from other Chinese cities. To understand this, you need to look at its history.

It was a British colony for more than 150 years - part of it, Hong Kong island, was ceded to the UK after a war in 1842. Later, China also leased the rest of Hong Kong - the New Territories - to the British for 99 years.

It became a busy trading port, and its economy took off in the 1950s as it became a manufacturing hub.

The territory was also popular with migrants and dissidents fleeing instability, poverty or persecution in mainland China.

Then, in the early 1980s, as the deadline for the 99-year-lease approached, Britain and China began talks on the future of Hong Kong - with the communist government in China arguing that all of Hong Kong should be returned to Chinese rule.

The two sides reached a deal in 1984 that would see Hong Kong return to China in 1997, under the principle of "one country, two systems".

This meant that while becoming part of one country with China, Hong Kong would enjoy "a high degree of autonomy, except in foreign and defence affairs" for 50 years.

As a result, Hong Kong has its own legal system and borders, and rights including freedom of assembly and free speech are protected.

For example, it is one of the few places in Chinese territory where people can commemorate the 1989 Tiananmen Square crackdown, where the military opened fire on unarmed protesters in Beijing.

...but things are changing
Hong Kong still enjoys freedoms not seen on mainland China - but critics say they are on the decline.

Rights groups have accused China of meddling in Hong Kong, citing examples such as legal rulings that have disqualified pro-democracy legislators. They've also been concerned by the disappearance of five Hong Kong booksellers, and a tycoon - all eventually re-emerged in custody in China.

Artists and writers say they are under increased pressure to self-censor - and a Financial Times journalist was barred from entering Hong Kong after he hosted an event that featured an independence activist.

Another sticking point has been democratic reform.

Hong Kong's leader, the chief executive, is currently elected by a 1,200-member election committee - a mostly pro-Beijing body chosen by just 6% of eligible voters.

Not all the 70 members of the territory's lawmaking body, the Legislative Council, are directly chosen by Hong Kong's voters. Most seats not directly elected are occupied by pro-Beijing lawmakers.

Some elected members have even been disbarred after Beijing issued a controversial legal ruling that effectively disqualified them.

Hope and defiance on the streets of Hong Kong
Hong Kong's mini-constitution, the Basic Law, says it should ultimately both the leader, and the Legislative Council, should be elected in a more democratic way - but there's been disagreement over what this should look like.

The Chinese government said in 2014 it would allow voters to choose their leaders from a list approved by a pro-Beijing committee, but critics called this a "sham democracy" and it was voted down in Hong Kong's legislature.

In 28 years' time in 2047, the Basic Law expires - and what happens to Hong Kong's autonomy after that is unclear.

Most people in Hong Kong don't see themselves as Chinese
While most people in Hong Kong are ethnic Chinese, and although Hong Kong is part of China, a majority of people there don't identify as Chinese.

Surveys from the University of Hong Kong show that most people identify themselves as "Hong Kongers" - only 11% would call themselves "Chinese" - and 71% of people say they do not feel proud about being Chinese citizens.

The difference is particularly pronounced amongst the young.

"The younger the respondents, the less likely they feel proud of becoming a national citizen of China, and also the more negative they are toward the Central Government's policies on Hong Kong," the university's public opinion programme says.

Hong Kongers have described legal, social and cultural differences - and the fact Hong Kong was a separate colony for 150 years - as reasons for why they don't identify with their compatriots in mainland China.

There has also been a rise in anti-mainland Chinese sentiment in Hong Kong in recent years, with people complaining about rude tourists disregarding local norms or driving up the cost of living.

Some young activists have even called for Hong Kong's independence from China, something that alarms the Beijing government.

Protesters feel the extradition bill, if passed, would bring the territory closer under China's control.

"Hong Kong will just become another Chinese city if this bill is passed," one protester, 18-year-old Mike, told the BBC.

Hong Kongers know how to protest

In December 2014, as police dismantled what remained of a pro-democracy protest site in central Hong Kong, demonstrators chanted: "We'll be back."

The fact that protests have now returned is not necessarily surprising. There's a rich history of dissent in Hong Kong, stretching back further even than the past few years.

In 1966, demonstrations broke out after the Star Ferry Company decided to increase its fares. The protests escalated into riots, a full curfew was declared and hundreds of troops took to the streets.

Do protests ever work in China?
Young and unhappy in HK
Protests have continued since 1997, but now the biggest ones tend to be of a political nature - and bring demonstrators into conflict with mainland China's position.

While Hong Kongers have a degree of autonomy, they have little liberty in the polls, meaning protests are one of the few ways they can make their opinions heard.

There were large protests in 2003 (up to 500,000 people took to the streets and led to a controversial security bill being scrapped) and annual marches for universal suffrage - as well as memorials to the Tiananmen Square crackdown - are fixtures of the territory's calendar.

The 2014 demonstrations took place over several weeks and saw Hong Kongers demand the right to elect their own leader. But the so-called Umbrella movement eventually fizzled out with no concessions from Beijing.



https://www.bbc.com/news/world-asia-china-42465516
Tiananmen Square protest death toll 'was 10,000'
23 December 2017
The Chinese army crackdown on the 1989 Tiananmen Square protests killed at least 10,000 people, according to newly released UK documents.

The figure was given in a secret diplomatic cable from then British ambassador to China, Sir Alan Donald.

The original source was a friend of a member of China's State Council, the envoy says.

Previous estimates of the deaths in the pro-democracy protests ranged from several hundred to more than 1,000.

China's statement at the end of June 1989 said that 200 civilians and several dozen security personnel had died in Beijing following the suppression of "counter-revolutionary riots" on 4 June 1989.

Tiananmen Square protests: Your stories
Why Tiananmen still matters
Facebook sorry for Tiananmen picture frame rejection
Sir Alan's telegram is from 5 June, and he says his source was someone who "was passing on information given him by a close friend who is currently a member of the State Council".

The council is effectively China's ruling cabinet and is chaired by the premier.

The cables are held at the UK National Archives in London and were declassified in October, when they were seen by the HK01 news site.

Sir Alan said the source had been reliable in the past "and was careful to separate fact from speculation and rumour".

The envoy wrote: "Students understood they were given one hour to leave square but after five minutes APCs attacked.

"Students linked arms but were mown down including soldiers. APCs then ran over bodies time and time again to make 'pie' and remains collected by bulldozer. Remains incinerated and then hosed down drains.

"Four wounded girl students begged for their lives but were bayoneted."

Sir Alan added that "some members of the State Council considered that civil war is imminent".

The political protest had lasted seven weeks before the army was sent in and it was the largest such demonstration in Communist China's history.

The killings remain highly sensitive in China.

China bans all activists' commemorations and highly regulates online discussion of the incident, including censoring criticism. But it is marked annually by activists elsewhere in the world, particularly in Hong Kong and Taiwan.



2019年8月17日土曜日

資料 パリ

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/magazine/1102/feature03/side1.shtml
パリの地下世界 観光ガイド
パリの広大な地下ネットワークは本来、立ち入り禁止だ。とはいえ、合法的に入る方法もいくつかある。歴史と神秘、そして不気味な構造物が交錯する地下世界をのぞいてみよう。

パリ下水道博物館
Les Egouts de Paris
 地下に造られた人気の博物館。ここでは2000キロ以上に及ぶ下水道網の一部を見学できる。かつて下水道の洗浄に使われた巨大な鉄球や時代物の流水式洗浄機が展示され、1370年に完成した最初の下水道から今日に至るまでの歴史も詳しく解説されている。パリの下水道はもともと、コレラやペストなどの病気の伝染を食い止めるために造られた。下水道誕生の一番の功労者といえば、ジョルジュ=ウジェーヌ・オスマン男爵だ。彼は1852年から1870年にかけてパリ市街の近代化を手がけた人物で、なかでもエグー(フランス語で下水道の意)は、彼の最上の仕事だといわれている。事実、オスマン男爵は、飲用水を引き込んで下水を排水する方法を考案し、パリの地下にまるで都市のような下水道網を造り上げた。なにはともあれ、ここを訪れれば、中世が遠い昔となったことをしみじみとありがたく思うに違いない。当時の人々は汚物を処理する際、しびんにためた尿を窓から捨てて、下の通りを歩く人たちに向かって「ガルデ・ロー!(水に注意)」と叫んでいたのだから。
住所:Pont de l'Alma, 93 quai d'Orsayの正面
電話:01-53-68-27-81
休館日:木、金曜
ウェブサイト:www.paris.fr
入館料:4.30ユーロ
メトロ:アルマ・マルソー駅


パリの地下墓地
 モンパルナスのダンフェール=ロシュロー広場に並ぶにぎやかなカフェ。その地中深くには、不気味な地下墓地がひっそりと広がっている。かつては石灰岩の採掘場だったこの地下墓地は、総延長300キロ超にわたって複雑に延びる地下トンネルの一部だ。1785年から1860年までの間に、街なかの墓地にあふれかえっていたパリ市民600万人分の遺骨が、この場所に収容された。怖いものが苦手な人は、やめておいた方がいいだろう。天井が低く薄暗い通路を歩いていくと、骨を器用に組み合わせて、3メートルほどの高さまで積み上げてある場所を通る。骨は種類別に積まれ(こちらには脛骨、あちらには大腿骨といった具合だ)、ところどころに頭蓋骨がのぞいている。標識には、それぞれの骨の山が、もとはどの墓地に埋葬されていたかが記されている。マドレーヌ寺院の墓地から掘り出された骨のなかには、マリー・アントワネットやロベスピエールの骨が含まれているという噂もある。
住所:1 avenue du Colonel Henri Rol-Tanguy
電話:01-43-22-47-63
休館日:月曜
ウェブサイト:www.catacombes.paris.fr または www.carnavalet.paris.fr
入場料: 8ユーロ
メトロ:ダンフェール=ロシュロー駅


サンマルタン運河
ナポレオン1世は19世紀初頭、セーヌ川の蛇行部分を短縮し、増え続けるパリ市民に真水を供給するために、サンマルタン運河を建造した。後年、オスマン男爵によって、地上を流れていた運河の一部が地下に移された。パリの遊覧船が集まるアルスナル港からガラス張りの船に乗り込めば、全長およそ5キロのサンマルタン運河の旅を堪能できる。バスティーユ広場の下を通る、19世紀に造られたトンネルに入り、闇に包まれた運河を体験しよう。トンネルの真上には地下聖堂があり、1830年の七月革命に倒れた500人以上の犠牲者の遺骨が眠っている(犠牲者の名前は、地上に建つ七月革命記念柱に刻まれている)。1.5キロほど行くと、運河は地上に顔を出し、計3時間のクルーズはここから先、優美な錬鉄製の橋や、8つの閘門(こうもん)が連なる穏やかな風景のなかを、ゆったりと進んでいく。運河沿いには、マルセル・カルネ監督の映画『北ホテル』の舞台ともなったオテル・デュ・ノールや、現存する建物としてはパリでもっとも古いサンルイ病院などがある。
住所:Bassin de la Villette, 13 quai de la Loire
電話:01-42-39-15-00
ウェブサイト:www.canauxrama.com(出発時間はウェブサイトで要確認)
入場料:16ユーロ
メトロ:バスティーユ駅(ツアーはラ・ヴィレット貯水池からも出発、メトロ:ジョレス駅)

ノートルダム広場の地下聖堂
Crypte Archeologique du Parvis de Notre-Dame
1960年代、ノートルダム大聖堂に面した広場の地下から、遺跡が発掘された。この遺跡は現在、発掘されたのと同じ場所で、地下聖堂博物館として公開されている。展示されているのは、パリ最古の城壁の基礎部分(3世紀)や、小さなタイルを敷きつめた床などローマ時代の住宅の防御設備(2~3世紀)、昔のオテル・デュー(施療院)の地下室(14世紀)など。縮尺模型と解説パネルを見れば、時代の流れにともなうパリの発展の様子がよくわかる。
住所:7 parvis de Notre-Dame, place Jean-Paul II
電話:01-55-42-50-100
休館日:月曜
ウェブサイト:www.crypte.paris.fr またはwww.carnavalet.paris.fr
入場料:3.30ユーロ
メトロ:シテ駅、サンミシェル駅


国立中世美術館
Musee National du Moyen Age
ルテティア(現在のパリ)に暮らしたローマ人は、温かいお風呂に入れる浴場を造ったことで知られる。なかでも特に大型の浴場は、紀元1世紀から4世紀に使われていたもので、その一部は15世紀になって、オテル・ド・クリュニー(大修道院長たちが暮らした邸宅)に組み入れられた。この建物は現在、国立中世美術館となっている。もっとも保存状態のよい部屋は、高いアーチ形天井があるフリギダリウム(冷浴場)で、建築当時に描かれた壁画やモザイクがかすかに残っている。この部屋をはじめとするガロ=ローマ時代の各部屋には、貴重な中世の美術品が展示されている。水曜午後2時から開催されるガイドツアーでは、浴場の地下遺跡をよりくわしく見ることができる。
住所:6 place Paul-Painleve
電話:01-53-73-78-16
休館日:火曜
ウェブサイト:www.musee-moyenage.fr
入場料:8ユーロ
メトロ:クリュニー=ラ・ソルヴォンヌ駅、サンミッシェル駅、オデオン駅


中世のルーヴル
世界に名だたるルーヴル美術館の地下では、1190年から16世紀初頭までこの場所に建っていた王宮の基礎部分を見学できる。薄暗い灯りの中、中世の堀の周囲を歩き、美しく復元された石の城壁のそばを通って、地下牢に入ってみよう。まるで洞窟のようなサンルイの間は、ぜひ見ておきたい。円柱やアーチ形天井など、中世の建物の内部が今も残っている。
住所:34-36 quai du Louvre
電話:01-40-20-53-17
休館日:火曜
ウェブサイト:www.louvre.fr
入場料:9.50ユーロ
メトロ:パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅


メトロ
The Metro
全長200キロを超える線路が、300の駅や、互いに連なるいくつものトンネルを巡りながら、パリの地面の下をジグザグと走り抜ける。それが、1900年に誕生したメトロ網だ。乗車券ひとつで、足早に行き交う乗客、演奏して小銭を稼ぐミュージシャンたち、そしてたくさんのアートに出会える。ADEMAS(スプレイグ車両広報協会)の主催するウォーキングツアーでは、地下鉄の歴史やアールヌーヴォーの意匠などについて、さらに深く学べるだろう。ツアーの目玉は、第二次世界大戦以降使われていない「幽霊駅」だ。ここには、はるか昔に姿を消した商品を宣伝する広告が、今も貼られたままになっている。週末に不定期で開催されるツアーの予定は、ウェブサイトで確認を。
住所:34-36 quai du Louvre
メール:secretariat@ademas-assoc.com
参加費:12ユーロ



https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/16/092300109/
パリの忘れられたユートピア
2016.09.26 
 戦後に相次いで建設され、今では批判の多いパリ郊外の集合住宅群。写真家ロラン・クロネンタール氏は、建物も住人たちも賞賛に値すると信じている。
 1980年代に英BBCが制作・放送していたドキュメンタリー番組「ザ・ショック・オブ・ザ・ニュー」をまとめた本に、こんな一節がある。1950代にパリ近郊で相次ぎ建設されたポストモダン住宅事業「グラン・アンサンブル」(大規模集合住宅群)を、美術評論家のロバート・ヒューズ氏が批判する。ヒューズ氏に言わせれば、これらの建築物が示すのは「都市の絶望という新たな景観──輝かしく、野蛮で、犯罪に悩まされ、自ら招いた破壊行為で傷ついている」。
 ヒューズ氏がこう評したのは1980年。ちょうどこれらの建物が、社会の主流をなす文化から非難され始めたころだ。当初は現代性が形になって現れたと考えられていた建築だが、後に貧困と犯罪の集まる場所へと転落し始め、今も時代から取り残されたままだ。
 しかしフランスの写真家ロラン・クロネンタール氏は、これらの集合住宅とその住人、特に年配者たちが賞賛に値すると固く信じている。
 クロネンタール氏がこのスタイルの建物を初めて見たのは、パリ郊外のクールブボアを歩いていたときだ。ラ・デファンスの商業地域周辺に林立する集合住宅が目に入った。シュールな建築様式に目を奪われたクロネンタール氏は、パリ周辺にあるほかのグラン・アンサンブル住宅も探して写真に撮ろうと決心した。彼は本誌の取材に対し、メールでこう語った。「住宅群は時代を超越しているように見え、その存在理由があたかも過去と現在を行き来しているかのようでした」。「私はグラン・アンサンブルの歴史、起源、そして社会における位置づけに関心を持ちました」
 写真撮影に入るには少々時間がかかった。まず、住宅団地を探して足を踏み入れるには、その地域のコミュニティとつながりを深める必要があった。次いで、暮らしているお年寄りたちを探し出し、友人になり、プロジェクトに参加してくれるよう説得しなければならなかった。「プロジェクトの目的を説明し、関係を築こうと努めるのは、私にとって大きな挑戦でした」とクロネンタール氏。「ですが、その障壁をいったん乗り越えると、記憶や思いを伝えることを彼らがいかに必要としているかが分かりました。住人たちと心からの関係を築けたことは大きな喜びです」
 撮影場所を探すのにも数カ月を要した。クロネンタール氏が使うのは大判フィルムカメラであり、「特別なアングルと、ありきたりでない視点を見つけようと」決めていたからだ。最適な光を探すことも不可欠で、カメラを一切持たずに何日も団地の中を朝早く歩き回った。この試みの成果として、出来上がった作品の多くが、夜明け前後に撮影された。
 団地の配置を把握し、住人たちの信頼も得たクロネンタール氏は、これらの建築物がどのように彼らのニーズに応えていたのかについて、より深く考え始めた。そうした関心は、仕上がった作品が人物の肖像と風景を区別せず並べているという点に現れている。「このアイデアは人と都市との相互作用を強調しようとしたものなのです」
 結果としてこのプロジェクトは、建築と人間との関係をめぐる思慮深い探究と解釈できる。「重要だったのは、これらの建物が存在する事情について自分自身に問いかけることです」とクロネンタール氏は言う。「そして、私たちが忘れてしまった世代にいくらかの光を当てることでした」

資料 アルジェリア

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080200454/
古代
砂漠から丸ごと姿を現したローマ帝国の古代都市
千年間砂の下に埋もれていた世界遺産ティムガッドの物語
2019.08.15
 都市全体が消えることなど滅多にない。だが、北アフリカのヌミディア地方に丸ごと姿を消した都市があった。西暦100年頃、古代ローマ皇帝トラヤヌス帝によって建設されたティムガッドだ。
 ティムガッドは当初、ローマ帝国の第3軍団アウグスタの駐屯地として建設され、のちに退役軍人の植民都市として繁栄し、数百年にわたり栄華を極めた。おかげで、侵略者にとっては魅力的な標的だった。430年のバンダル人による侵攻の後、何度も攻撃が繰り返されて弱体化し、完全な復興を果たせないまま、700年代に打ち捨てられてしまう。(参考記事:「ローマ帝国 栄華と国境」)
 砂漠が街をのみ込み、やがてすっかり砂に埋もれた。その後、ティムガッドが再び見出されたのは、砂漠の下に消えてから1000年が経過した1700年代のこと。発見者は、異端の英国人探検家だった。
英国貴族の学者ジェームズ・ブルース
 1763年、英国スコットランドの貴族ジェームズ・ブルースは、沿岸都市アルジェ(現在はアルジェリアの首都)の英国領事に着任した。エチオピアにある青ナイルの水源を発見したことで知られる人物だ。
 ブルースは、背が高く堂々としており、好奇心旺盛で貪欲な学者だった。アルジェに渡る前、イタリアで数カ月を費やして、アフリカ地域の歴史と古代における役割を詳しく調べていた。だが短気で頑固なブルースは、着任してすぐにロンドンにいた上司と衝突し、1765年に職を失ってしまう。それでも彼は英国に帰らず、フィレンツェの画家ルイージ・バルガーニとともにアフリカ各地へ冒険の旅に出た。その旅で、ブルースは珍しい人々や訪れた場所を記録し、バルガーニは絵を描き残した。
懐疑と不信の眼差し
 この旅の初めの頃に、ブルースとバルガーニは古代文明の痕跡を探そうと、アルジェリアの砂漠まで南下した。2人はそれまでに人里離れた場所でローマ時代の遺跡を数カ所すでに発見していた。
 そして1765年12月12日、ティムガッドとおぼしき場所にたどり着く。ブルースとバルガーニは、オーレス山地の北斜面の近くにあるその地を数百年ぶりに訪れたヨーロッパ人だと考えられている。「小さな街だが、優美な建物が立ち並ぶ」とブルースは日記に書いた。彼はこのとき、廃墟の群れがトラヤヌス帝によって1000年以上前に作られた都市の遺跡だと確信していた。
 街を発見したその日、ブルースは「トラヤヌス帝の凱旋門」について書き記し、バルガーニは絵を残した。翌日、2人が再び訪れて調べてみると、円形劇場を発見した。ブルースは、西暦138年にハドリアヌス帝の後を継いだローマ皇帝アントニヌス・ピウスとその皇妃である大ファウスティナの彫像を砂の中から発掘し、「えもいわれぬ美しさ」があると評している。
 ブルースは彫像を砂に埋め戻し、さらに旅を続けた。彼は北アフリカとエチオピアの各地でさらに多くの遺跡を見つけて書き残し、青ナイルの水源も突き止めたと主張した。バルガーニは1770年に亡くなってしまったが、ブルースは1774年にロンドンに戻り、これらの大発見について報告した。ところが、彼に向けられたのは懐疑と不信の眼差しだった。この反応が信じられず、ブルースはスコットランドに隠居する。
 それでも彼は、1780年に『ナイル探検』という5巻にも及ぶアフリカ時代の回顧録を書き始めた。1790年に出版にこぎつけ、その4年後に亡くなったが、まだ英国人の多くは彼の業績を認めていなかった。
色褪せない古代ローマ帝国の輝き
 ティムガッドはそのまま砂漠の砂に埋もれ、ほぼ忘れられていた。状況が変わったのは、1875年にブルースに敬意を抱いていたアルジェの英国領事ロバート・ランバート・プレイフェアがティムガッドを訪れたことだった。1877年にプレイフェアが出版した本『アルジェリアとチュニスにおけるブルースの足跡をたどる旅(Travels in the Footsteps of Bruce in Algeria and Tunis)』によれば、彼はブルースが記録した遺跡をいくつか訪れてみたのだという。
 プレイフェアが残したティムガッドの説明は、ブルースよりも詳しかった。彼の観察によると、ティムガッドはローマの街道が6本も交わる交通の要衝に位置しており、この地域における重要性が示された。また、その建築は近隣の古代ローマの都市でヌビア軍の首都でもあったランバエシスを凌駕していたという。ティムガッドは「商業・農業活動の中心」だった、とプレイフェアは結論付けた。
 また、壮大な「トラヤヌス帝の凱旋門」を称えてもいる。凱旋門の高さは6メートル、下の地面には深い轍が刻まれ、ローマ帝国の主要道路を通ってティムガッドに出入りした交通量の多さを物語っていた。
 プレイフェアが訪れてから数年後の1881年、今度はフランスがティムガッドを掌握した。フランスの支配は1960年まで続いた。その間、遺跡は系統立てて発掘された。ティムガッドは何世紀もの間、砂の下に埋もれていたおかげで、都市が丸ごと発掘された。このような古代ローマの都市は数えるほどしかない。(参考記事:「古代都市ポンペイは、現代社会にそっくりだった」)
穀物生産の中心
 プレイフェアとフランスの学者の研究によって、ティムガッドの歴史が明らかになった。ティムガッドの元々の名前はコロニア・マルキアナ・トラヤナ・タムルガ。トラヤヌス帝の姉ウルピア・マルキアナにちなんだ名前だ。市内は碁盤の目に整備されていた。
 西暦3世紀半ばには、ティムガッドの人口は1万5000人に達していたという。壮大な図書館や計14カ所もの浴場をはじめ、素晴らしい公共施設がそろっていた。ティムガッドの快適な施設と見事なモザイク画は、ローマ帝国の全盛期に栄えていた豊かな都市ポンペイとよく比較される。(参考記事:「ローマ時代の戦車レース、非常に珍しいモザイク画」)
 ティムガッドは、ローマ帝国の南の国境を守る要だった。当時、北アフリカは穀物生産の中心であり、古代ローマの第3軍団アウグスタがティムガッドに駐屯し、ローマへの穀物輸送を護衛した。2年ごとに数百人が軍を退役し、恩給の一種としてティムガッドへの定住権が与えられた。彼らの存在もまた、侵略者に対する抑止力になった。
 そして何より、ティムガッドは南の国境におけるローマ帝国の力の象徴だった。その住民は多様で、キリスト教徒も古い神々を信仰する人もいた。キリスト教の異端宗派ドナトゥス派の拠点だった時期もある。
 時は下り、ローマ帝国の国境全域が危機に陥ると、やがてティムガッドにも通行料が課せられるようになった。先に書いたように、5世紀のバンダル人による略奪の後、ティムガッドは破滅への道をたどり始める。西ローマ帝国が崩壊して以降は、キリスト教の中心地として短期間だけ復興し、539年には市外に砦が建設された。だが、700年代のアラブの侵略に前後してついに放棄された。
 その時からティムガッドは徐々に砂漠にのみ込まれ、ジェームズ・ブルースの探検隊が再発見するまで1000年もの間、かの栄華は砂に埋もれていた。
 ティムガッドは1982年にユネスコの世界遺産に登録されている。(参考記事:「2019年に登録された最新世界遺産、全29カ所」)
文=RUBÉN MONTOYA/訳=牧野建志




2019年8月12日月曜日

nfa 人名辞典2019年3月まで整理 「な」

ななな
なかにし礼 作詞家・作家 いしだあゆみの義弟 反日コリアン主義 14・6・16
なぎら健壱 作家・フォークシンガー 9・5・17
なだぎ武 タレント 元・友近の恋人 16・8・27(ワーグナーの伝記映画にリストとして出演?)
ナンシー関 辛辣な評論家 恐らく極度の肥満による心不全で死亡したと思う 9・1・13 13・5・10 14・1・31(評伝)
那波かおり ダメ翻訳家 13・10・3
奈良美智 現代美術作家 私には無価値 13・10・6
内藤陳 小泉喜美子のパートナー その冒険小説解説も小泉喜美子の翻訳同様にクダラナイ 6・5・16
内藤正光 総務副大臣 NTT労組 10・5・11
内藤慎介 NHKプロデューサー モー娘。肉弾接待 13・12・28
七尾和晃 『堤義明 闇の帝国』の著者 5・3・10
七尾藍佳 日本テレビキャスター 12・7・3(日本人の鼻水悪習)
長井暁 人民法廷天皇有罪番組制作者 家族を路頭に迷わすと涙の演技をしたNHKプロデューサー 大丈夫・夫人は助教授で稼いでいて亭主1人養うことぐらいは可能 5・1・27 11・2・12
長井秀和 フィリピンで問題を起こしたのは間違いない 7・9・27
長井那智子 バカ翻訳者 19・2・15
長尾宣子 建築家 大腸癌で死亡 7・3・17 6・12
長岡良子 漫画家 良質な作品群 9・5・18
長澤まさみ 伊勢谷友介の同棲相手 関東連合問題 13・6・25 15・6・20 7・4
長嶋一茂 長島茂雄の息子 8・29 9・11 5・3・23 7・9・19 9・5・16 13・1・12(ビンタ40発を愛とぬかす阿呆) 2・6(広岡達朗に警告書の記事再録) 6・25(週刊新潮の記事) 14・4・18(裁判) 11・14(コリアンを批評したコメンテーターに怒りの言葉) 15・6・25 16・11・19(立教大学不正)

長嶋茂雄 滅茶苦茶な食生活をしていた巨人軍終身名誉監督 4・7・19 8・3・4
長嶋亜希子 長嶋茂雄の妻 7・9・19
長島千恵 乳癌患者 その闘病の様子はテレビで放映された 7・7・19 8・11・19
長島昭久 ゴルフ代を中国に立て替えさせた民主党議員 10・12・4
長島りかこ デザイナー 東京五輪エンブレム事件 15・8・8(坂本龍一)
長田共永 新城市議会議員 穴の開いたコンドーム配布を提言 14・7・18
長勢甚遠 自民党議員 元法務大臣 7・8・9
長妻昭 民主党議員 厚生年金流用を追及 04・2・21 8・26 5・4・25
長月七紀 著述家 19・1・8(地獄の門・イジェン山)
長野あつ士 元大蔵省腐敗官僚 接待王と呼ばれた 040604 12・24 7・2・6(引用した『論壇』の記事)
長野智子 古舘伊知郎の事務所に所属 5・2・14 15・9・13
長沼政幸 特養老人ホームの理事長 精神科医 日本医科大卒 4・10・7 11・18
長沼修 結着剤肉をステーキとして売って恥じない札幌ドーム社長 元HBC社長 13・11・15 15・5・6(観客を眼球破裂させても反省なし)
長渕剛 大麻取締法違反でかつて執行猶予刑を受けている 05・10・3 9・9・22(資料) 15・7・20 11・28(安保関連) 16・2・11(清原和博の覚醒剤仲間として週刊新潮が記事を出す)
長松宜哉 佐賀関病院院長 7・3・14
長田秀樹 元北教組委員長代理 小林千代美の事件で逮捕される 10・3・20 11・11・7(北海道平和運動フォーラム) 16・12・10

半井小絵(なからいさえ) 気象予報士 天気キャスター  11・2・10


中井吉人 女性暴行顔面唾吐き島田紳助をCMに使った大塚食品の社長 9・10・6 18・12・8(不味い商品を出しても潰れない大塚食品)
中井洽(ひろし) 民主党議員。小沢一郎の側近。 10・12・1 以下はウィキより『 またSPを外して30歳以上年の離れた銀座のホステスと連日のようにデートを重ねており、3月9日と14日には路上で目をつぶってホステスと顔を密着させているところを写真に撮られ、週刊新潮に掲載された。ホステスは、議員宿舎のカードキーを使ってたびたび赤坂議員宿舎に入っていた。赤坂議員宿舎に住むある議員によると、カードキーの交付はかなり厳格で、申請の際には使用者の名前を登録しなければならないといい、中井が規則に違反してカードキーを貸与した可能性もある。3月14日午後5時過ぎには震度5弱の福島沖地震が発生したが、そのとき中井はホステスとともに映画館におり、映画館を出た後も引き続き2人で整体院、焼肉店、コンビニ、カラオケスナック、議員宿舎へと移動、地震発生にもかかわらず防災担当相として何らの対応も取らなかった[8][9]。新進党以来小沢一郎と行動を共にしてきた、所謂小沢の側近の一人である。』
中井久夫 精神科医 14・3・23
中居正広 歌のうまくない歌手 ジャニーズ 14・6・17(おバカ発言) 15・6・29(タバコ)
中尾友昭 下関市長 博士学位事件 15・3・20
中岡望 『アメリカ保守革命』の著者 5・1・14

中川秀直 小泉純一郎に思想的に最も近い政治家 9・21 9・24 6・2・6
中川諭 北海道大学医学部第二内科初代教授 04・2・5
中川昌一 北海道大学医学部第二内科第四代目教授 04・2・5
中川一郎 札幌のホテルで不可解な死を遂げた政治家 040428
中川昭一 中川一郎の息子 040428 5・1・16 6・10・6 9・10・4(急死) 10・1・30
中川郁子 中川昭一の未亡人 自民党衆議院議員 同僚議員と路チュー 15・3・6
中川貴史 寿都町診療所長 北大2002年卒 5・11・28
中川正志 江別市助役 元市役所職員組合委員長 江別市立病院の内紛の関係者 6・10・23
中川英範 帯広厚生病院精神科医師 札幌医大1975年卒 11・3・10
中川恵一 東大医学部准教授 原発事故関連で発言 11・6・5 14・4・20
中川勇 越中富山自民党サル軍団議員 16・10・7
中北浩爾 政治学者 一橋大学教授 15・12・23
中内正 中内功の息子 10・1 4・10・19

中沢新一 宗教学者 オウム真理教事件の「A級戦犯」(大月隆寛) 加藤登紀子らとつるむクズ 12・2・14 5・6 13・1・27(大阪のクラブで楽しんでいる写真)

中島みゆき 歌手 14・7・18 11・3(深夜放送) 11・28(女性セブンの記事) 15・1・17(父親は51歳で死亡) 3・20(虚歌) 16・10・11(深夜放送)
中島京子 小説家 14・6・3
中島久美子 フジテレビプロデューサー アナル大泉の妻 19・2・3
中島聡 NHKアホディレクター 14・6・7
中島美嘉 やりての歌手 5・3・22
中島義道 哲学関連著述家 5・8・11
中島祥介(なかじまよしゆき) 奈良医科大学外科教授 6・8・30
中島岳志 北大准教授 地元のラジオ番組で軽薄な口調で喋っている 7・9・4 14・10・4(北星学園)
中島興世 恵庭市長 9・6・6
中島尚俊 JR北海道社長 11・6・25
中島知子 芸人 占い師にとりこまれる 12・2・18
中嶋忠三郎 故人 堤家の弁護士 堤家の内幕を描いた本を書く 5・3・10
中嶋嶺雄 国際教養大学学長 5・5・10
中嶋孝夫 NTTレゾナント社長 10・9・11
中島裕翔 ジャニーズタレント 吉田羊の自宅に7連泊 16・5・29
中島建郎 下品登山家 16・9・27


中条静夫 俳優 6・1・23
中田絢千(あやか) コリアンNHKが使っている使えないモデル脳の女性 15・12・16
中田安彦 『ジャパン・ハンドラーズ』の著者 5・7・21 8・4・11
中田鉄治 元夕張市長 今日の財政破綻を招く無謀な開発を進めた 6・9・6
中田宏 ワイセツ事件で法廷闘争中の横浜市長 8・1・8 5・11 16・5・13(舛添要一擁護) 8・18(坂上忍) 17・10・8(小池百合子の秘書だった)
中田翔 日本ハム4番打者 12年4月末の打率は1割5分 12・4・29 10・20 18・2・3(アメリカのスーパーで買い物カートに乗って遊ぶ写真をSNSにアップしたバカ)
中田考 イスラム学者 
中田吉穂 医者のいつかない村・上小阿仁村の村長 14・7・9
中坪央暁 毎日新聞記者 5・2・2
中塚一宏 小沢一郎の側近 衆議院議員 税金を使って欧州家族旅行と報道される 10・10・19
中津川博郷 善衆議院議員 元政策秘書が埼玉医大への裏口入学詐欺疑惑 14・8・31
中西昌美 前・市立札幌病院病院長 4・7・6 7・7 7・10
中西成元 現三宿病院院長 04・12・6
中野孝次 作家 元重症喫煙者 食道癌で死亡 6・7・10
中野久夫 ダメ翻訳家14・4・25
中野美奈子 フジテレビの報道番組で毎朝原稿をきちんと読めない姿を晒している 5・3・8 7・12・27
中野隆史 群馬大医学部教授 お笑い日本癌治療学会 16・10・8
中野京子 ドイツ文学者 美術評論家 17・12・4 18・12・15(新聞記事の身)
中曽根康弘 元首相 5・1・17
中平まみ 猪瀬直樹の醜聞 13・6・14
中原英臣 慈恵会医大卒の医者 8・12・11
中丸薫 自称明治天皇の孫 船井幸雄らと繋がるブローカー 6・3・16
中松義治 腐敗都市小樽の市長 銀行出身 パーティー券問題を知らぬ存ぜぬで押し通す 11・5・4
中見利男 作家 お笑い日本癌治療学会 16・10・8
中村うさぎ 自らの売春体験記を出版し衝撃を与える 6・3・8 11・5・4(人類の終わり) 13・7・14(ヘイトクライム) 14・7・13(キリスト教徒)
中村睦男 北海道大学学長 教養学部時代に憲法の講義を受けたが魅力のない講義だった 04・2・19 5・3・1
中村勘三郎 小ざかしい猿 先代は魅力的だった 5・3・5 12・12・11(食道癌) 6・2(吉右衛門との確執) 13・11・23(酒とタバコで死んだということ)

中村研一(同姓同名注意) 自分は岩波書店の社員のようなもの、と演習で言っていた 15・3・7
中村研一(同姓同名注意) 画家 16・2・13
中村太樹男 画家14・5・19
中村七之助 勘三郎のバカ息子 酔って警官を殴り大見得を切る 13・2・6 14・12・5(稽古もしないバカ)
中村竜太郎 週刊文春記者 江原啓之告発記事を書く 6・2・28
中村祐輔 東大医科研教授 阪大卒の元外科医 傲慢医療主義者 6・12・14
中村雅俊 息子が大麻で逮捕される 9・4・6
中村好孝 一橋卒のダメ翻訳者 12・5・26
中村芳平 外食ジャーナリスト 15・3・20(マクドナルド)
中村由利子 ピアニスト 15・7・8 7・20(CDジャケット写真) 8・28(顔の歴史) 9・23(顔の歴史) 16・1・16(評価)
中村達 国立浜松医科大学学長 パワハラで訴えられる 15・7・8
中村紘子 ピアニスト 16・7・30(匿名党による暗い背景について)


中本和洋 日弁連会長 16・10・7
中森勇人 リストラ関連に強いフリーライター 6・3・16
中森明菜 歌手 9・8・21 13・2・11(週刊文春の記事)
中森明夫 芸能評論家 14・10・13
中山勇 ファミリーマート社長 中国危険食材事件後も中国食品を使う 14・7・23
中山恭子 内閣官房参与 元大蔵官僚 11・1 4・7・31 9・29
中山成彬 中山恭子の夫 日教組発言などの暴言で国土交通大臣を辞任 8・9・28
中山宏幸 横浜の菊名記念病院副院長 5・7・7
中山忠彦 画家 ぞっとするような凡庸な絵 14・2・7 15・3・6(大阪日展)
中山諭 ダイナシティ前社長 清原和博のタニマチ 6・1・18 2・17
中山秀征 ハンペンのような芸人 9・1・13
中山俊憲 集団強姦で有名な千葉大医学部長 16・11・23(千葉大の犯罪史)

中島らも 小説家 4・8・5
中谷彰浩 高塚猛を「いきなりキスされても爽やかな男」とヨイショしたダメ男 4・11・25
中谷和男 ダメ翻訳者 13・2・23

仲達志 元・日本版ニューズウィーク副編集長 2015年度ダメ翻訳家賞受賞 15・1・7 1・9
仲里依紗 アミューズ所属の女優・モデル 15・5・4
仲井真弘多 沖縄県知事 06年知事選に勝利 06・11・1
仲間由紀恵 沖縄独立論者の女優 浦添市出身 6・11・22 14・8・30(沖縄独立論) 15・7・2(沖縄独立論) 7・18(次の“相棒”?) 17・1・23(日本死ねのユーキャン宣伝)
永井路子 小説家 9・8・8
永井淳 翻訳者 10・3・21
永井龍之介 画商 『なんでも鑑定団』 14・7・11
永井和 歴史学者 京都大学教授 “御用”学者 15・7・4
永井一正 東京五輪エンブレム事件で暗躍 15・8・8
永井一史 永井一正の息子 15・8・8
永倉新八 新撰組・二番組組長 6・5・22
永坂敦 市立札幌病院消化器内科医長 4・7・6
永作博美 女優 川村龍夫関与の田辺エージェンシー 14・11・1 8・28(あざとい演技には引かされる)
永田浩三 NHKチーフプロデューサー 5・1・27 11・2・12(武蔵大教授) 14・3・21
永田寿康 ガセメールで墓穴を掘った元民主党衆議院議員 6・3・9 11・1・19
永田松夫 杜撰医療で有名な千葉県がんセンター院長 16・2・20
永瀬正敏 小泉今日子の元夫 5・3・22
永守重信 日本電産社長 13・7・27(楽天批判)
永山裕子 建築家 15・2・1
梨木香歩 小説家 8・6・27
梨元勝 芸能リポーター 10・8・29 12・5・8
並河良 光文社社長 野間佐和子と一緒になって小泉政権を中傷 5・10・31
並河健 暗黒ブラック地方都市・奈良県天理市の市長 18・9・25
並木正義 旭川医科大学名誉教授 故人 6・4・13

南須原浩一 前・砂川市立病院院長 前・KKR幌南病院院長  5・8・22
南須原康行 北大第1内科講師 恐らく南須原浩一の息子 5・8・22
南淵明宏 一流の心臓外科医だが出版している本は三流 8・18 11・19 12・16 040219 0603 7・3 12・13 5・1・20 1・21 2・4 3・7 3・8 6・7・27(週刊現代から引用)8・7 8・20 7・1・11(週刊現代からの引用) 1・24(阿川佐和子によるインタビュー)11・13 8・1・14 11・25 13・5・9;10(天海問題)

南淵芳 父親が東大脳外科で医療ミスに遭う 南淵明宏の妻 040428
南木佳士 医師 作家 12・7・8
南條竹則 ダメ翻訳者 14・1・17
南部靖之 人材派遣会社パソナ 接待所 ASKA 14・5・23 5・25(栩内香澄美) 5・30(芸能界の実力者Kを使って報道牽制) 7・4(本多圭の記事) 8・23(週刊新潮の記事) 15・8・1(東京交響楽団の理事)
南場智子 DeNA創業者 デタラメ医療記事 16・12・10

成田豊 電通の支配者 朝鮮半島生まれ 9・5・19 5・28 6・6 10・4・24 11・2・24

夏坂真澄 花王に入社 カネボウ社長 白斑事件責任者 『日本と中国「歴史の接点」を考える』の著者 13・7・29 17・5・9(愚劣)
夏野剛 実業家 iモード立ち上げ人の一人 14・10・10 19・2・22(NTTドコモが老人に無用のオプションで稼いでいることを批判した、けど本人はNTTドコモの執行役員)
夏目雅子 伊集院静の妻・故人 13・1・27
夏目三久 コンドームを手ににったりと笑っていた写真で有名な女性 12・1・14 2・4(週刊文春の記事) 13・9・9 10・13(リベンジポルノ) 11・23(週刊文春と週刊新潮の記事) 14・1・23(朝からコンドーム) 5・6(川村龍夫) 5・25 16・9・10(有吉弘行)

難波孝一 教員への国歌の強要を違法と判断した判事 06・10・1

ナイ、ジョセフ(Joseph Nye) ジャパンハンドラーたちを操るボスの一人 ハーバードでの教え子に塩崎や林芳正がいる 10・1・4 13・1・27(毎日新聞) 14・4・20(朝日新聞) 8・4 11・4(河野談話で日本人に脅し)
ナガノ、ケント(Kent Nagano) 指揮者 13・4・14 5・23 6・14(ブラームス)


nfa 人名辞典2019年2月まで整理 「と」

ととと
とよた真帆 逮捕された石田壱成と長らく同棲していた女優 8・8
ドン・小西 服飾評論家 4・8・4
東郷青児 二流イラストレーターのようなダメ画家 7・9・6
東郷和彦 ムネオの仲間 8・6・9
東郷茂彦 変質者の仲間 8・6・9
東田万偶斎(とうだまんぐうさい) 勝谷誠彦批判のブロガー 8・2・5
土井たか子 拉致事件から逃げ回る政治家 9・18 9・22 10・24 11・10 4・4・8 4・16 11・1 12・9 5・1・28 6・7・6 10・12・31(旭川のラーメン屋『梅光軒』の壁の写真)
土井敏之 TBSのダメアナウンサー 10・29
土井香苗 弁護士 神原元の妻 辛淑玉の仲間 15・12・25 16・8・5(加藤登紀子)
土肥隆一 民主党国会議員(今は離党) コリアン服を着てコリアン旗を振るクズ キリスト教徒 12・5・26 16・10・2(画像のみ)
土肥和紘 収賄で逮捕された奈良県立医大第1内科教授 5・8・22
東嶋和子 医療界を誤解しているノンフィクションライター 7・5・22 17・10・21 19・2・8
戸田恵梨香 女優 頼むからナレーションの仕事はしないで欲しい 14・6・7
戸田奈津子 誤訳を指摘されても聞く耳持たないオバサン映画字幕製作者 10・26 5・5・10 15・3・14(バカだからしょうがない)
戸田和幸 ベッカムに唾を吐いたとされるサッカー選手 5・7・27
戸塚進也 静岡県掛川市長 中国北朝鮮寄りの政治家 7・10・31
戸野本優子 菅直人との関係 10・6・7 6・8 6・9

藤堂省 北大第一外科教授 8・24 9・9 9・24 9・26 04・2・19 3・1 7・3 5・2・27~3・1
峠哲哉 賄賂を受け取った広島大学教授・自殺 5・3・8 4・7 4・27 5・25
遠山正彌 大阪大学医学部研究科科長 5・5・19
遠山景久 元ラジオ関東社長 7・10・31
徳川家広 翻訳家 040512
徳永エリ 民主党参議院議員 拉致被害家族関連 15・2・6 9・18(参院本会議で暴力採決だと批判)
徳光和夫 友人に頼まれて離婚裁判で「奥さんの下着は汚い」と供述書を出すゲス野郎 6・10・11 7・7・28 8・28 11・11 16・3・20(FLASHの記事を再録)
徳田毅 泥酔未成年女性姦淫国会議員 徳田虎雄の息子 13・2・5 2・6
徳山信治 立命館大学法学部教授 マオリ刺青女性事件 13・9・15

所ゆきよし 漫画家 御主人はコリアン毎日新聞 15・4・9

栩内香澄美 パソナ接待所要員 ASKAの愛人 14・5・25 7・4 10・25 15・8・23(優雅に暮らす) 16・12・1(cyzoの過去記事を2つ)
殿元清司 いやいや謝罪の全日空専務 16・3・30
飛岡宏 日経サイトでブログをしている開業医 6・11・6 7・4・19
飛田和夫(仮名) 札幌PBB病院院長 10・7・3(暴言)
富岡惣一郎 画家 15・5・27
富樫武弘 市立札幌病院院長 元北大小児科講師 4・7・9 5・1・22 4・1 7・5・23(写真)
富樫正樹 市立札幌病院事業管理者 泌尿器科医 12・3・10
富田籌夫(とみたかずお) 北大循環器内科同門 前同門会長 10・7・16 10・1 11・1・6 3・10
富田克也 映画監督 『サウダーヂ』 11・10・22
冨永愛 NHKでエラソーに講釈を垂れるモデル 紀里谷和明と交際 12・2・8 5・2(塩谷瞬 ジョイセフ) 5・6 5・8(山本太郎と交際報道) 15・7・20

豊川悦司 俳優 12・4・25 14・3・26(自宅建設で近隣トラブル)
豊原功補 俳優 反日映画 16・3・27(小泉今日子) 18・2・17(不倫を一方的に小泉が公表)
豊田正敏 元日本原燃社長 040604
豊田章一郎 社会福祉財団恩賜財団済生会の会長 トヨタ一族 9・1・22
豊田章男 謝罪会見の席で不愉快そうに傲慢な顔を見せる社長 10・2・6 3・3 12・4・15 14・5・27(税金払ってません) 15・6・19(薬物役員事件)
豊田理彰 豊田章男の親類 就職希望の女子大生に肉体関係を要求の阿呆 15・11・27
豊田俊郎 自民党参議院議員 秘書が警察官に暴行で逮捕される 16・2・28
豊田成司 札幌厚生病院院長 北大1971年卒 10・8・27 9・4
豊田直巳 フォトジャーナリスト 岩波関連 15・2・7
豊田真由子 東大法学部出身のバカ衆議院議員 17年10月の選挙で落選 17・6・24
豊臣秀吉 11・9・7
登坂淳一 NHKアナウンサー 18・1・26(セクハラ)


鳥越俊太郎 ジャーナリスト 11・26 5・2・14 8・11・19 9・2・23(馬鹿発言のまとめ)5・3 11・4・22 13・3・23(理性も無くして小沢済州島を擁護)
鳥居民 『「反日」で生きのびる中国』の著者 5・9・5 10・26 7・2・6(産経新聞に載せた文章) 5・21(黙して死す) 11・3・4 11・12・14(産経新聞の記事)
鳥谷敬 野球選手 「夜の三冠王」 7・9・27
鳥集徹(とりだまり・とおる) 『ネットで暴走する医師たち』の著者 9・1・22 1・27 11・7・3


ドゥカヴニー、デイビッド Xファイルのモルダー 8・9・2 11・10 11・9・22(性依存症で妻と再び別居)
ドゥダメル、グスターボ パッとしない指揮者 15・12・10
ドーア(ドナルド) 岩波クズ文化人の一人 5・9・21
トドロフ、ツヴェタン <日常礼賛・フェルメール時代のオランダ風俗画>の著者 17・10・18
ドレシャー(フラン) アメリカのテレビ女優 子宮癌闘病記執筆者 04・3・13
トレヴァニアン 作家 11・5・25(Eiger Sanction)
ドヌーブ(カトリーヌ) 映画女優 10・20
ドラクロワ、画家 14・6・2
トルーキン リングの作者 カトリック 6・4・17
ドロン(アラン) 映画俳優 10・22
ド・ボトン(アラン) 小説家・随筆家 9・7・9 15・2・20(Art as Therapy) 18・5・30(Edward Hopperについて)
ドュビッシー フランスの作曲家 11・12・11
ドンゲン、キース・ヴァン(Kees von Dongen) 画家 18・8・4(The Blue Dressなどについて)

nfa 人名辞典2019年1月まで整理 「ち・つ・て」

ちち
ちあきなおみ 名歌手 12・8・28 13・8・31
千秋 意地の悪いリスのような顔をしたタレント 6・3・7 8・9・5 15・5・2(軽自動車発言)
千野志麻(ちのしお) 死亡交通事故加害者 13・11・23 12・18(ハワイ旅行) 14・4・29
千葉眞 国際基督教大学教授 カマキリの仲間 15・12・23
千葉麗子 フィフィ攻撃のタレント 防衛省でヨガ講師を務めた 13・5・1 15・11・3 11・5(志位和夫)
千葉翔太 岩手県の醜悪な花巻東の選手 13・8・22・23
千原ジュニア ゲス芸人 10・7・4
千原せいじ 河本事件で片山さつきの夫の会社に言及 吉本クズ芸人 12・5・27(山本寛斎・山本未来・椎名桔平・上戸彩・哀川翔・千原兄弟は皆仲間) 13・9・14(みのの犯罪息子を擁護)

近岡善次郎 画家 16・1・3
筑紫哲也 70歳を過ぎてなお毎夜老醜をTBSで晒しているダメ男 5・9・12 6・8・8 8・12・7 9・5・3(週刊新潮の記事)
張浩徹 北海道大学教官 朝鮮学校問題 10・5・15
張富士夫 トヨタの社長 12・3
中尊寺ゆつこ 大腸癌で死亡した漫画家 5・3・29
茶木圭介 駒大苫小牧高前・野球部部長 部員を殴って連続優勝に泥を塗った 5・8・31
知花くらら ミスユニバース選考大会で日本刀を振りかざし水着の上に足軽鎧をつけていた 7・9・24 8・9・30(写真) 9・7・31 13・5・17 8・1

チャン(アイリス) 『レイプオブナンキン』の著者 5・5・10 7・1・23
チャン、アグネス 本名の姓は「金子」 タレント 13・11・13(ユニセフ協会)
チェイニー(ディック) アメリカ副大統領 娘はレスビアンで同性愛に対する理解はある 040428 11・9・14
チスチャコフ Pavel Petrovich Chistyakov 画家 17・7・29
鄭南用(チョンアミョン) 北朝鮮工作員 5・1・27
チューア(エイミー) イェール大学法科大学院教授 中国系アメリカ人 040415 0609
チャー、ヴィクター(Victor Cha) 国家安全会議アジア担当官 コリアン系米国人 7・5・2
チョン、キャサリン コリアン系アメリカ人作家 ポラリスプロジェクト アメリカを拠点に反日運動 12・7・3



つつ

つげ義春 漫画家 鬱病患者 8・12・11 14・3・2 3・28(ボロ宿関連) 15・9・21 10・25(東北紀行・蒸ノ湯温泉 今神温泉 定義温泉) 16・1・16(北温泉) 18・7・17(長八の宿)
つるの剛士 芸人 15・9・23
つんく 音楽家 プロデューサー 本名・寺田光男 15・9・11(咽頭がん)

柘植マキ つげ義春夫人 『私の絵日記』 14・3・2
塚本泰司 札幌医大附属病院長 泌尿器科教授 9・7・1 7・31
佃和夫 三菱重工の会長 8・9・30
都築響一 写真家 編集者 14・11・24
都留美都雄 脳外科医 元北海道大学教授 8・2・14

月岡祐紀子 『平成娘巡礼記』の著者 040330
辻哲夫 厚生労働省審議官 監修料(内実は公金横領)裏金飲食を「助け合い精神」とのたまう 4・10・26
辻信一 明治学院大学教授 9条改正阻止論者 7・4・14
辻惟雄(つじのぶお) 美術史家 9・5・24
辻井伸行 盲目のピアニスト 15・1・18(猿芸)
辻村和美 日本画家 17・12・24
辻元清美 ピースボート出身の社民党衆議院議員 6・5・29 7・6 7・12・27 8・6・8 6・25 9・7・18 12・5・18(ピースボートの悲惨さを伝える週刊誌記事) 13・11・22(ピースボートと大麻事件の週刊誌記事) 15・3・21(キャロライン・ケネディ) 17・3・26(生コン) 3・28(産経以外は辻元に忖度)

津川雅彦 俳優 14・11・13
津田恒美 野球選手 脳腫瘍で死去 8・2・9
津田大介 コリアンマンセー活動家 16・11・29
津村弘 大分大学医学部付属病院院長・整形外科教授 弟子が児童買春 16・2・25
土江富雄 北海道新聞記者 14・12・27(植村隆を非難するのはならず者)
土橋悦子 船橋西図書館司書 言論弾圧に尽力 5・7・24
土合斉 北海道新聞労組委員長 5・12・5
土田晃之 芸人 日本の首相を「てめえ」と呼ぶ 15・9・23 17・10・21(交通事故) 18・7・6(「ぶち殺す」発言)

土屋了介 国立がんセンター中央病院院長 8・4・28 11・11(ストーカー事件) 9・1・29(専門医制度) 10・5・15 18・2・17(今度は神奈川県で醜聞) 2・23
土屋政雄 ダメ翻訳者 18・1・30
土屋まり HTBのバカ女性アナウンサー 通称・埋まり 18・9・10 9・25(匿名ライターが擁護) 10・30
筒井裕之 北海道大学循環器内科教授 前・九州大学講師 4・10・3 10・17 11・26 9・10・23 12・4 10・1・23(教授選) 9・29(筒井教授の派遣している医者について) 10・1(市立札幌病院循環器内科) 11・7・23
筒香嘉智 ベイスターズ選手 喫煙者 18・2・3
堤治 停職東大医学部教授・産婦人科 10・22 4・4・8 6・2 10・16 9・11・30
堤堯 文藝春秋元常務 加藤紘一の盟友 5・9・2 6・1・18 7・8・15
堤義明 西武鉄道会長 04・3・3 7・5 10・15 10・23 5・3・10 10・31
堤裕幸 札幌医大小児科教授 8・11・28 9・3・13 18・5・8(医局員には喫煙者が多い)
堤未果 ばばこういちの娘 ジャーナリスト 14・4・20
常岡浩介 ジャーナリスト 15・1・30
常岡(乗本)せつ子 フェリス女学院大教授 15・9・6
常田真太郎 スキマスイッチ歌手 15・2・20(秋田の料亭を誹謗)
妻夫木聡 反日映画に出演する反日俳優 コリアン語流暢 井筒の映画にも主演 12・2・3 4・15 14・3・10 17・9・22
露崎春女 歌手 13・5・19
鶴井亨 北海道新聞函館支社長 保健婦性奴隷強要社員の上司 15・6・8
鶴指真澄 海老名市市議会議員 同性愛を異常だとツイート 15・12・2
鶴田卓彦 日経新聞の醜態を教えてくれた独裁者 040420 6・5・16
鶴田真由 鶴田浩二の娘 やりて 5・3・22 8・5・21 10・4・25
鶴見俊輔 社会学者 リベラル 4・8・4
都留重人 ハーバード卒の共産主義者 アメリカ国際金融資本との関係は 5・7・21 7・5・21 8・28

恒次徹 読売新聞記者 小沢一郎のインチキ答弁を晒す 11・12・8

ツジモト、エイミー 『禅と戦争』の訳者 二度と訳者としては仕事をしないで欲しい 7・5・28



てて
テル TERU グレイのヴォーカル 本名・小林照彦 15・10・25 16・2・28(日本死ね関連・野口美佳)
テリー伊藤 評論家 5・4・18 11・30 12・6・22(生活保護でパチンコいいじゃないか) 13・11・23(愛人) 14・8・14(山本景)
手嶋龍一 NHKアメリカ総支局長 5・1・26
手島優 タレント 亀田興毅のラウンドガール 朝鮮学校無償化を訴える 11・11・25 16・2・9(清原和博関連)
鉄拳 マンガ家 12・4・10 8・16

手塚よしお 永田寿康を支援 在日外国人の参政権を進める民主党議員 11・1・19
出井伸之 下品な顔立ちのソニー元CEO 14・11・1 16・6・18
出崎弘 食品偽装をしていた阪急阪神ホテルズの厚顔社長 13・10・22 10・24 10・26
出村良平 連合北海道事務局長 全道庁労連執行委員長 11・10・22 15・11・22(連合北海道トップ) 18・3・26 3・27
寺澤有 今井紀明に『週刊現代』で単独インタビューをしている 警察問題でも多くの記事を書いている 4・5・15 5・3・29
寺沢秀一 救急医療医 10・5・4

寺島実郎 三井物産戦略研究所所長 三井の番頭にして“宣伝相” 12・1 5・6・6 9・12 6・8・2 7・5・13 6・19 7・21(この日の朝の番組で新潟中越沖地震が中国様の役に立つと発言) 12・27 8・1・5 3・27 6・1(ネットゲリラ関連) 9・30 9・7・17 7・21 10・3・19(911陰謀論の本を推薦) 4・11 11・4・24 11・21(佐高と対談) 13・3・17 4・29(民主党がこのクズを駐米大使に起用しようとしたがアメリカが拒否) 6・29 7・13(TBSで張本勲と結果的に共演している) 14・4・12 10・18(サンモニについて) 15・9・20

寺島しのぶ 歌舞伎界から出てきた反日女優 13・6・2 6・19(醜悪ブログ) 16・10・22(小林多喜二の母親役) 17・1・28(コリアンNHKがヨイショ) 5・3(性格ブス)
寺田光世 京都教育大学学長 体育専攻 9・6・1 6・20(サンデー毎日の記事)
寺田晋 札幌学院大学 14・11・22(コリアンへのヘイトスピーチ関連)
寺野彰 獨協医大学長 8・9・30
照山哲史 毎日新聞記者 6・6・26
曄道佳明(てるみち) 上智大学ダメ学長 18・8・26 9・2
T院長 PBB病院院長 循環器内科医 9・2・10(K循環器科部長の不躾) 3・5
デヴィ・スカルノ第3夫人 元インドネシア大統領第3夫人・銀座の元ホステス 9・7・20 10・8・29(資料) 12・7・11(大津事件) 14・6・25 15・1・24(後藤健二) 16・1・8(ベッキー事件)


デ・キリコ 画家 6・3・30
デ・マッティ カトリック神学者 15・7・17
テイラー 脳科学者 15・12・4
ディアス、キャメロン 映画女優 10・12・11
ティク・ナット・ハン 南伝仏教禅僧 多数の英文著作を出している 05・10・5
ティツィアーノ 画家 17・5・12(ケネスクラークの本からの引用)
ディファン アミ族の老人 歌唱家 老人飲酒歌 11・4・30
ティーポ、マリア ピアニスト 13・11・7
ディモン(マット) 映画俳優 6・3・18 10・3・19
ディン(イグナシアス) 反日運動に狂奔する在米華僑 5・5・10
テオリン、ヨハン Johan Theorin スエーデンの小説家 13・2・9
テキサス親父 アメリカ人 コリアンの歴史捏造を指弾 13・7・27
テツラフ、クリスティアン バイオリニスト 15・12・17
デミル、ネルソン Nelson Demille 作家 7・10・9 12・3 8・1・23(野蛮の勝利) 11・24 13・12・21(The Panther)
デリーロ(ドン) アメリカの小説家 040408
デュトワ、シャルル 指揮者 セクハラ疑惑 17・12・24
デュプレ、ジャクリーン チェリスト 12・6・2 15・12・16