2012年5月22日火曜日

資料 河本準一の不正疑惑 RKB毎日放送

http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51353836.html#moreより



RKBというのは、TBSと繋がる放送局。つまり、毎日新聞系列。
毎日新聞系組織による「反コリアン勢力」に対する反撃には凄まじいものがある。



以下はウィキより
● RKB毎日放送
主要株主
毎日放送(MBS) 8.84%
毎日新聞社 8.45%
麻生 6.06%
九州民放の雄 [編集]
RKBは昔から「九州民放の雄」と言われており、収益力、環境、社員待遇面のいずれも九州・山口の民放局の中では飛びぬけて良いことで知られている。2005年度の社員平均年収(推定)も1100万円を超えており、これは在京キー局のテレビ東京の社員平均年収をも上回っている。また、この社員平均年収の額自体は、フジテレビ(東京)や朝日放送(大阪)には及ばないものの、首都圏、関西と九州の物価水準の違いを比べればキー局の社員とほぼ同じ所得水準にあるといえる。
当然ながら、日経が行う就職したい会社ランキングでも常に上位50社の中に名を連ね、関西以西の民放局では一番人気を誇っており、在京キー局や在阪準キー局と変わらぬほどの難関となっている。
JNN基幹局であり、JNNTBS)系列局の中で準キー局である毎日放送と中部日本放送 に次いで同様に発言力を持つ放送局である。また九州のJNN系列局とは独自に「e-JNN」というネットワークを形成して『世界一の九州が始まる!』や『列車に乗って』などの番組を制作してe-JNN各局にも流しており、在福岡民放局として九州のJNN系列局の中心的役割も果たしている。台風襲来時などの報道特別番組もe-JNN各局に同時ネットされるほか、過去には中国・四国地方のJNN各局まで同時ネットになったことがある。
(引用終わり)


 先日橋下徹に執拗に食い下がったMBSの女性記者は、在日コリアンか、それともコリアン系日本人ではないかとネットでは疑問が投げかけられている。もしコリアン系だとしたなら、既得権益の見直しや朝鮮学校無料化に慎重な橋下徹を攻撃する理由が納得できる。
 で、河本準一である。
 ウィキには、先日まで、「北朝鮮生まれ」とあったらしい。それが突然、日本生まれ、名古屋生まれ、となった。もちろん、「北朝鮮生まれ」が間違いだったのだろう。しかし、滅多なことでは人は北朝鮮生まれなどとは、たとえ誤りであるにしろ記載されはしない。まして37歳、37年前の北朝鮮に生まれて、どうした経緯で日本で暮らすことになるというのだろう。普通なら考えられない。
 だだ、コリアンとの強い関係が河本準一にあると「仮定」してみると、福岡のテレビ局が、突然、執拗に、河本準一マンセー番組を放送した理由にも納得ができることになる。

 毎日新聞、サンデー毎日、TBSテレビ、MBSテレビ、RKB毎日放送、
 これらのどれもが、常々、コリアンマンセー記事や番組を垂れ流していることは、誰もが知っていることだからである。


PS もし仮定の話として、河本準一が北朝鮮生まれであるとしたなら、岡山市に住む彼の実姉も北朝鮮生まれであるという可能性が高くなる。この実姉にも親の扶養義務はあるはずなのだが、『週刊現代』の報道によると、片山さつきは後で謝ることになるんじゃないか、と発言しているという。
 自分の親への責任は棚に挙げて、先月まで生活保護を貰っていたという不正を調査する国会議員には不遜な発言を平気でする――「火病発作直前」のような対応には、驚き呆れる。
 この河本準一の姉の顔写真はネットで見ることができる。