2012年5月26日土曜日

東京新聞 金井辰樹の驚愕発言 土肥隆一とか



フロイトの精神分析学入門を読んだことがあるだろうか?
学生時代に、つまり30年近く前に読んだだけなので、私の記憶に誤りがあるかもしれないが、フロイトはそこで、
「言い間違い」
の意味を分析している。つまり、潜在意識で常に思っていることが、ふと、言い間違いとして出てくることがある、と。
で、この東京新聞の政治部次長、金井辰樹が、5月3日(休日)の朝ズバ(TBS)で、
「微妙に言い間違いのような発言」
をしていた。

さて、番組の天気予報のコーナーで、ゴールデンウィーク中日のこの日は、全国的に晴天であると気象予報士が告げていた。そのあと、コメントを振られた金井は、

「この好天の一日を、日本国民と共有したい」

と偉そうに言ってのけた。
そうか……この男の頭の中では、「自分」と「日本国民」は別個のものなのだろう。
こういった「思考経路」を持っているのは、自分を日本国民とは常日頃思ってはいない外国人、たとえば在日コリアンとか、全部ではないだろうが日本国籍を有する帰化コリアンなのではないだろうか。
ふと漏らした金井辰樹のもったいぶった言葉に触発されて、そんなことを私は考えてみた。
「何を大統領みたいなこと言ってんですか」とすぐに、助け舟・その場を取り繕ったみのもんたではあった。

記者の出自が秘密のままになっている、あるいは、記者の出自を問うことがタブーになっている(?)おかしな国は日本だけだろう。
そういえば、昔、帰化コリアン男性が白人女性を惨殺した事件があった。その事件に関して、恐らくコリアン系日本人でさらに北米某国に帰化していたアメリカメディアの記者が(つまり日本名であるけれども恐らくはコリアン系である男性が)、

「日本人男性は白人女性に対して異常な性欲を持っている」

と世界に発信していたのには――開いた口が塞がらなかったものである。日本人のふりをして日本人の悪口雑言を撒き散らすこの手口。

で、日本人のふりをして日本人を苦しめるコリアン系は国会議員の中にも大勢いるのではないだろうか、という疑問を芽生えさせてくれた一人が、下の写真の男。




 コリアン民族服を着て、韓国の議員と一緒になってコリアン国旗を振り、竹島はコリアンのものと触れまわっている
日本民主党(今は離党した)の国会議員・キリスト教牧師
土肥隆一

 以下は土肥隆一に関して、ウィキから引用。
● 朝鮮半島への取り組み [編集]
政治信条について「私はいつも韓国に負い目を感じている。そして、韓国社会のために何か貢献しなければならない、特に、日本の政府、日本国民が韓国民に対して何をなすべきか、何をなさないでいるのかを常に考えてきた。」と公言している[8]
外国人学校に対するいわゆる「差別」撤廃と朝鮮学校無償化 [編集]
外国人学校に対するいわゆる「差別」撤廃に古くから取り組んでおり、2003年には、神戸朝鮮高級学校の校長および神戸中華同文学校の校長とともに「外国人学校への差別撤廃と受験資格付与に関する公正な判断を促す要望書」を文部科学省に提出している[9]
朝鮮学校の無償化に関しては、2010319日に参議院議員会館で開かれた「高校実質無償化における朝鮮学校の取り扱いに関する勉強会」において、「日本社会に生活基盤を置く在日朝鮮人が民族のアイデンティティを求めて民族教育を行うことは当然のこと」であり[10]、「省令にまかせて闇の中で排斥[10]」されようとしているが、「良心的力学が働いて朝鮮学校にも当然無償化の手が差し伸べられると確信している」[10]と発言している。また、2010429日に神戸朝鮮高級学校で開かれた公開授業を訪れた際には、「民族が違えばそれに合った民族教育が必要なのは当然のこと[11]」「アイデンティティーを求める民族教育は反日的なものではない。民族教育を受け止める社会作りが必要[11]」と主張している。
韓国への謝罪運動 [編集]
2010年(平成22年)819日、民主党所属の国会議員として「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に参加し、韓国の国会議員との間で日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した[12]
金泳鎮・韓国国会議員との連携 [編集]
2007年(平成19年)814日、日韓キリスト教議員連盟の日本側代表として「2007釜山板門店平壌(PPP)十字架大行進」に参加し、「日本人は天皇を現人神とする偶像崇拝の罪を犯し、韓国人にも偶像崇拝を強要しただけでなく、植民地や占領地に神社や神宮を立て参拝を強要した。過去を振り返り、われわれ日本人が犯した罪を主の名の下に告白し、謝罪する」と日本人への許しを請うが、韓国の金泳鎮元農林部長官らは「許しは被害者が加害者に与えられる最高の贈り物。祖先が受けた苦痛の記憶を忘れてはならないが、われわれがキリストの十字架精神をみせるとき、韓国と日本は本当に近い国になれるだろう」と述べるにとどまった[13]
20091128日、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として、韓国側会長の民主党・金泳鎮議員と共に韓国の国会で記者会見し、「バラク・オバマ米大統領が日本訪問の際、天皇に丁寧なお辞儀をしたのは、日本の右傾化を助長し、韓国及び東アジアの国民に苦痛を与えた行動である」と述べた。更に、「オバマ大統領はこの行為を謝罪し、立場を表明しなければならない」として、日韓両国議員連名でオバマ大統領に公開書簡を送ることを発表した[14]
外国人地方参政権の推進 [編集]
朝日新聞の「永住外国人の地方参政権」に関する質問に「賛成」と回答した。
日本国の竹島領有権放棄に署名 [編集]
2011年(平成23年)227日、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として、竹島領有権の放棄を日本側に求める下記の「日韓共同宣言」に署名し、韓国の国会で韓国の議員らと記者会見を行った。
「竹島領有権主張問題 共同宣言文の骨子」[15][16]

一、日本は恥ずかしい過去に対し、歴史の真相を糾明し、日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、歴史の被害者に対する妥当な賠償措置を履行しなければならない。両国の善隣関係は、真実の謝罪と賠償が出発点となる。
一、日本は、平和憲法改正と軍国主義復活の試みを直ちに中断しなければならない。
一、日本政府は歴史教科書歪曲と独島(注、竹島の韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない。
39日になってこの事実は明らかになり、問題化した。土肥は第一報を報じた産経新聞の取材に対し「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている[17]」と語った。波紋はまたたく間に広がり、9日夜の首相ぶらさがり会見で、菅首相は土肥の行動に対し、「大変遺憾[18]」と語った。土肥はマスコミ各社のインタビューを受けたが「個人的には竹島は日本の領土とは一概には言えないと思っている。日韓両国が互いに自国の領土と主張すれば、問題はいつまでも解決しない(朝日新聞)[19]」、「(竹島は)政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ(時事通信)[20]」、「竹島は日本の領土との認識に変わりはないが、日韓双方の主張があり、韓国側の主張にも納得できる部分もある(読売新聞)」、「(竹島に関してはどのように?)それはもう、日本の領土ですよ。あの文章はやっぱりね、今読み直してみても、相当一方的だなということは感じるけれども。その場にのまれたっちゃあ、のまれたし。こんなにマスコミに取り上げられるとは思ってもみなかったからね。まぁ、うかつでした(FNN[21]」等ニュアンスがバラバラの発言を行っている。民主党内からも批判が相次ぎ、渡辺周は「まったくの見当違いで撤回すべき」「放置してしまうと党として黙認したことになりかねない」と指摘した[22]。この問題で2011314日離党届けを出し、翌15日承認された[23]

 ▲:コリアンの利益のためなら、進んで日本人を犠牲にしようとしているこの男を国会に送りこんでいるのは神戸市民
 コリアン半島生まれのこの男が、コリアン系日本人なのかどうかすら、メディアは報道しない。
 まぁ、でも、普通の日本人はコリアン服を着てコリアン国旗を振るような真似はしないと思う。


 大新聞社の記者とか、国会議員が、もし仮に日本人のふりをして日本人を裏切っている、あるいは日本を不当に誹謗中傷しているとしたなら、日本人はどうすればいいのだろう?
 少なくとも、誰が何をしているのかを注意深く観察しなければならない。
 コリアン服を着てコリアン国旗を振っている国会議員とか、ふと、
(大嫌いな?)「日本国民とこの好天ぐらいは共有してやってもいい」(竹島はコリアンの領土!)と頭の中でいつも思っているかもしれない新聞記者の、日本人の振りをした「コメント」には注意を払わなければならない。