2017年12月26日火曜日

40数万円で1600万(?)被害も犯罪もなかったことにしろと示唆するコリアンたち




https://uhb.jp/news/?id=3436
 より、引用する。
< 発電機を盗んだとして逮捕送検された船長ら3人が立ち寄った松前小島では、 
他にも家電などがなくなったり、壊されたりして被害総額は1600万円以上とみられています。 (中略)
 関係者によりますと、総連側が40数万円を渡す条件として、被害届の取り下げなどを示唆するような話をしたため協議は決裂し、総連による補償自体がなくなりました。>
北海道UHBテレビのニュースから)


https://www.hokkaido-np.co.jp/article/153578
朝鮮総連と補償協議決裂 松前の漁協 「処罰軽減」発言に反発
12/26 05:00 北海道新聞
 【松前】渡島管内松前町の松前小島の漁業施設から発電機を盗んだとして、北朝鮮の木造船の船長ら3人が逮捕された事件で、施設を所有する松前さくら漁協と、施設管理人の吉田修策さん(67)は25日、復旧費用の補償に関して在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との協議を行った。朝鮮総連側が補償に向けて条件を提示したため、決裂したという。
 同漁協の佐藤正美組合長と吉田さん、朝鮮総連側の代理人を務める弁護士が松前町内で約1時間協議した。関係者によると、弁護士は「人道的な立場から船員を早く船に返したい。補償する代わりに罪を軽くしてほしい」との趣旨を述べて条件を示したが、漁協側は拒否し、会談は物別れに終わった。
 佐藤組合長は会談後の会見で「しっかり悪いものは悪いという裁きを受けさせたい。今後の交渉はない」と語った。
 朝鮮総連中央本部(東京)は「担当者が出張中で対応できない」としている。
残り:137文字/全文:523文字


2017.12.25 20:21 産経新聞
松前小島窃盗事件 北朝鮮船の乗員側と漁協の弁償協議が決裂
 北海道松前町の無人島、松前小島から発電機を盗んだとして北朝鮮船の船長ら3人が逮捕された事件で、島の施設を所有する松前さくら漁協(同町)は25日、船長らの代理人弁護士と被害の弁償について協議した。漁協の佐藤正美組合長は協議後、弁護士が提示した条件に納得できなかったとして、決裂したことを明らかにした。
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が船長らに代わり、島から無くなった備品について弁償する意向を示していた。漁協によると、弁護士は弁償に当たって条件を出してきた。漁協は応じられないと伝え、金額の話には至らなかった。条件の詳細は明らかにしていない。弁護士を通じて謝罪の言葉はなかったといい、佐藤組合長は「悪いことは悪いと筋を通してほしかった。今後、交渉には応じない」と語った。
 島からは家電やバイクなどが無くなり、損壊した設備の工事費などと合わせ、漁協は被害総額を約790万円と見積もっている。


▲:UHBテレビは、フジテレビ(一応は産経新聞と繋がるはず)の系列。しかし、資本関係でいうと、北海道新聞の比率がかなり高い。普段は北海道新聞と同じようにUHBテレビも、コリアンマンセー(北、南にかかわらず)で通しているはずだけど、どうして
<40数万円で1600万の被害を取り下げさせようとした朝鮮総連>
 というニュースを放送したのかは不明である。
 読売新聞と朝日新聞は、札幌の今日の朝刊夕刊を見るかぎり、この件を全く伝えてはいない。


ウィキよりUHBの株主
主要株主
北海道新聞社 48.1%
フジ・メディア・ホールディングス 21.0%
日本経済新聞社 7.0%
▲:実質的に北海道新聞の子会社であり、社長も性奴隷新聞社からの天下りだったはず。それがどうして「40数万円で被害取り下げろと示唆」ニュースを放送したのかは、繰り返すけれども、不明である。