2017年12月30日土曜日

a dog's purpose



 成田からフランクフルトまでは日本航空を使う。ベネルクスからの帰りも、フランクフルトから成田まで戻った。
 行きの機内では映画を観て時間を潰す。記憶に残っているのは、『僕のワンダフルライフ』と『マリーゴールドホテル 幸せへの第二章』の二つ。マリーゴールドホテルは、最初の第一作が公開されたときに観に行こうと思っていて、結局は観に行っていなかった。僕のーーも、最近公開されていたはずだけれども、観に行こうと思っていて結局行かなかった。映画館に行くというのは面倒なことなのである。
 ということで、エコノミークラスの席の最後尾から2列目の、4席並んだ中央の右側通路側に座って、この映画を観た。
 私の隣には、私と同年配くらいの(60歳くらいの)痩せた短髪の女性が座っていた。
 で、私は、この映画を観ているうちに、涙が溢れだして、涙が出れば鼻水も出るわけで……ずっと、手持ちのちり紙で、鼻をかんだり涙を拭っていた。

 犬を飼った経験のある人なら、そしてその犬を「看取った」経験のある人なら誰もがそうかもしれないけれども、この映画を観ていて思い出すのは「自分の犬」のことである。
 私は、今は亡き豆太郎のことを思い出して、泣いていたのである。泣くといっても、もちろん声をあげてのことではなく、ただただ涙が止まらなかった。



















 After my wife's death, I could not wallow in misery and sadness as much as a "standard" wife-lost-husband could hope : I had to take care of "our dog," Mametaroh. I had to take him for a walk everyday with pooper-scooper in my hand, and fed him, played with him, washed him though he disliked to be washed.
 During the everyday walking, whenever we stopped anywhere, I would start whining on and on. Mametaroh, my dog, would always suffer it with embarrassed expression, which even any careless passer-by could notice.
 Had it not been for Mametaroh my dog, could I  survive the heart-plucked-out, not-worth-living all these days ? I do not think so. If there had been any purpose of him, if a God had given any purpose to him, it must have been to stand by this depressed bald old man; me.
 I could and should have treated him more affectionately, because he always with me after the lost and gave me somthing which lead me to a determination to live in the world-without-her.
 I have been overwhelmed by this regret and sadness, so tears kept on welling up to my eyes, 
 dewy eyes