2017年12月24日日曜日

シャルル・デュトワ セクハラを否定

シャルル・デュトワ氏のセクハラ疑惑でN響がコメント、今後の出演「事態踏まえ適切に対処」
12/22(金) 19:43配信 産経新聞
 クラシック音楽の世界的指揮者でNHK交響楽団の名誉音楽監督を務めるシャルル・デュトワ氏(81)のセクハラ疑惑に関し、同楽団は22日、来年12月のN響定期公演への出演について「今回の事態を踏まえて適切に対処していきたい」とするコメントを公式サイトで発表した。
 コメントはデュトワ氏のセクハラ疑惑について、「外電の報道より知ったところであり、大変驚き、かつ、極めて深刻に受け止めています」と言明。「現在、当団として事実関係を把握すべく、デュトワ氏のマネージメント会社等に問い合わせているところです」としている。


世界的指揮者デュトワ氏、女性4人にセクハラか

12/23(土) 19:08配信 読売新聞
 【ロサンゼルス=田原徳容】AP通信は21日、世界的に知られるクラシック音楽指揮者で、NHK交響楽団の名誉音楽監督などを務めるシャルル・デュトワ氏(81)について、女性4人が過去のセクハラ被害を訴えたと報じた。
 同通信によると、4人は1985年から2010年にかけて、デュトワ氏と一緒に音楽活動をしたソプラノ歌手らで、ロサンゼルスやシカゴなど5都市で行われた楽団のリハーサルの舞台裏などで、同氏から体を押し付けられたなどとしている。4人とも仕事を失うことを恐れ、これまで被害を打ち明けなかったという。
 この報道を受け、複数の米メディアは、ボストン交響楽団など複数の楽団がデュトワ氏との契約打ち切りや出演の見合わせなどを決めたと報じた。英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団も22日、同氏の出演を当面見合わせると発表した。


N響名誉音楽監督デュトワ氏 セクハラ疑惑を否定「身に覚えがない 根拠も全くない」

12/24(日) 8:33配信 スポニチアネックス
 過去にセクハラ行為を繰り返していたと報じられたクラシック音楽の著名な指揮者シャルル・デュトワ氏(81)が23日、「身に覚えがない。根拠も全くない」と疑惑を否定する声明を発表した。AP通信などが報じた。
 デュトワ氏は専門家から法的措置のアドバイスを受けており、対応を検討しているとした。
 疑惑はAP通信が今月21日に報道。証言したのはソプラノ歌手3人と演奏家1人。1985~2010年にホテルの部屋やステージの控室、舞台裏、車の中などで被害を受けたという。
 ボストン交響楽団は客演指揮者の契約を打ち切ると発表。ニューヨーク・フィルハーモニックやシカゴ交響楽団も来年のコンサートの出演辞退を公表した。
 親日家で知られ、NHK交響楽団の名誉音楽監督も務めている。


▲:そもそもNHK交響楽団という(二期会と同じような)ヘボ音楽集団の演奏で音楽を楽しもうとする人間はどうかしていると思う。日本相撲協会のように堕落した組織だから、きっと、ダメ音楽を奏でているのだろう。そこの名誉監督も、予測できるように、この程度の人間だったのだと思う。過去には小澤征爾をイジメで追い出しておいて、その反省も未だにしていないのだろう。



http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-42467406

Conductor Charles Dutoit denies 'forced physical contact' claims
Renowned conductor Charles Dutoit has said allegations by a number of women of "forced physical contact" have "absolutely no basis in truth".

Dutoit issued a statement after the Associated Press news agency reported three opera singers and a musician as saying he had forced himself on them.

Dutoit said he was taking legal advice and planned to defend himself.

The Royal Philharmonic Orchestra (RPO) has cancelled its principal conductor and artistic director's appearances.

The RPO said on Friday it had "jointly agreed" with Dutoit that he would not appear "for the immediate future", following the allegations.

The Boston Symphony Orchestra, San Francisco Symphony and New York Philharmonic have been among those distancing themselves from the Swiss-born conductor.

Dutoit's statement read: "The allegations made against me are as shocking to me as they are to my friends and colleagues. I do not recognise the man or the actions being described in the media.

"Whilst informal physical contact is commonplace in the arts world as a mutual gesture of friendship, the serious accusations made involving coercion and forced physical contact have absolutely no basis in truth."

He continued: "I believe within this current climate, media accusations on serious physical abuse do not help society tackle these issues properly if the claims are in fact not true."

One of the accusations reported by AP was from retired opera singer Paula Rasmussen, who alleged that Dutoit had "shoved my hand down his pants and shoved his tongue down my throat".

Another singer, Sylvia McNair, alleged Dutoit "tried to have his way" with her at a hotel after a rehearsal with the Minnesota Orchestra in 1985, AP reported.

The four women who have made accusations against Dutoit said they felt confident to speak after Metropolitan Opera conductor James Levine was suspended earlier this month after allegations against him surfaced. Mr Levine says the claims are "unfounded".

The RPO said the accusations against Dutoit were being "taken very seriously by the orchestra".


It said: "The immediate action taken by the RPO and Charles Dutoit allows time for a clear picture to be established. Charles Dutoit needs to be given a fair opportunity to seek legal advice and contest these accusations."