2017年12月11日月曜日

James Levine, sexual abuse




http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-42213054
Metropolitan Opera suspends James Levine after sex abuse claims
4 December 2017
New York's Metropolitan Opera says it has suspended the renowned conductor James Levine following allegations of sexual misconduct.
The Met said Mr Levine, 74, would not appear this season and it had appointed a law firm to investigate his actions.
Three men have now accused Mr Levine of abusing them decades ago when they were teenagers.
Mr Levine, who was music director at the Met for 40 years, has not commented publicly on the accusations.
He retired for health reasons in 2016 but has continued to work with the opera as music director emeritus.
The Met announced on Saturday it was investigating a claim based on a 2016 police report in which a man accused Mr Levine of abusing him as a teenager in the 1980s.
Peter Gelb, general manager of the Met, told the New York Times on Sunday that it had decided to suspend its relationship with the conductor and cancel his forthcoming engagements after learning of the accounts of two other men who described similar sexual encounters beginning in the late 1960s.
"While we await the results of the investigation, based on these news reports, the Met has made the decision to act now," Mr Gelb said in a statement on Twitter, adding: "This is a tragedy for anyone whose life has been affected."
The Times said the Met had been aware of the police report since last year. However, Mr Levine had denied the accusations and the Met had heard nothing further from police, the newspaper added.
The accusations follow a series of sexual abuse and harassment claims made against high-profile figures in the entertainment industry.

An Illinois police report, seen by the New York Times, said one of the alleged victims claimed that the abuse began in 1985 when he was 15 and Mr Levine was 41, and continued until 1993.

During his career Mr Levine has conducted more than 2,500 performances at the Met.
He made his debut there in June 1971 with Puccini's Tosca, becoming principal conductor in the 1973-74 season and music director in 1976-77.
He conducted 85 different operas and also worked with the Three Tenors - Luciano Pavarotti, Jose Carreras and Placido Domingo.
He has struggled with Parkinson's disease and other health issues and now conducts from a motorised wheelchair.


▲:ウィーンフィルが出している交響曲選集には50枚のCDが含まれていて、その中にはモーツァルトの交響曲全集が入っている。ところが、このモーツァルトは全て、James Levineによる指揮であり、これがまたなんともゴミなのである。

 METから出ているニーベルンゲンの指輪は、今手に入るものは、昔のDVDと最近のBlu-Rayがあるのだけれども、二つとも指揮をしているのはこのJames Levineで、これがまたなんともゴミなのである。もちろん、オペラは歌手と演出で8割がたは決まってしまうのだが、オーケストラを指揮するのがこの男では、全くゴミになってしまう。
 昔から、このLevineの顔も演奏も好きではなかった。
 こうしたことをしていた男だから、あんな顔になっていたということなのだろう。
 それにしても、METの腐敗ぶりには呆れる。醜悪なオペラ組織であることは間違いない。

 顔が嫌いな指揮者といえば、このレヴァインと共にバイロイトに関係していたダニエル・バレンボイムも挙げておく必要がある。もっとも、この男を心底嫌っているのは、デュプレとのことがあるからなのだけれども。

 デュプレはこの男のためにユダヤ教に改宗した。デュプレが病気になり、この男が他の女(ユダヤ人)のところに逃げてゆき、子供を作って、デュプレを見捨ても、離婚はしていない。
 デュプレは、ユダヤ教徒として墓地に葬られている。


PS
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12160558/?all=1
セクハラ問題が音楽界にも 巨匠レヴァインが少年を“性的虐待”

国際 週刊新潮 2017年12月14日号掲載
「いい男は、皆、ゲイね」
 かつて、自らのホームパーティで、歌手のマリア・カラスが、バーンスタイン、ホロヴィッツ、ヴィスコンティら、招いた男性ゲストを眺めて長嘆息した逸話が残っている。

“いい男”云々には異論も出ようが、メトロポリタン・オペラに長年“音楽監督”(現名誉音楽監督)として君臨したジェームズ・レヴァイン(米国生まれ、74歳)がゲイで、10代の少年を性的に虐待した疑いが浮上、職務を停止された。
「彼が半世紀に垂(なんなん)とするゲイ歴の持ち主であることは業界では有名な話です」

 著名な音楽家とも親交のある某評論家がこう語る。
「これまでメトを招聘してきた音楽事務所は、成田空港をレヴァインが無事に通過して入国できるかどうか戦々恐々として待ち受けていたといいます。米国では別の“少年愛”で逮捕歴があり、入国審査にも手間取るのです」
 巨漢で大汗かきのレヴァイン。トレードマークは肩にかけたバスタオル。
「指揮者としてとにかく器用。オペラから交響曲まで何でもござれの“万能型”。特にワーグナー、リヒャルト・シュトラウスのオペラが傑出しています」(同)
 まだ来日の予定はある。
「映画界でのセクハラ追放運動が音楽界にも飛び火した形。当面、事が露見したレヴァインの来日は困難。日本の呼び屋も大慌てでしょう」(同)

 こうした性癖の音楽家は他にもわんさか。例えば、タイでの少年虐待容疑で逮捕された指揮者でピアニストのミハイル・プレトニョフ(60)は、ロシア政府の働き掛けで何とか事なきを得たが、音楽学校まで作って“少年漁(あさ)り”していた悪質なケース。これからは“前科者”がコンサートを開くことは難しくなる時代かも、ね。
(引用終わり)

▲:ちなみにバーンスタインは”両刀使い”である。