2018年2月23日金曜日

コリアンTBSの通常業務2題 石井大裕

018.2.22 14:33 産経新聞
【平昌五輪】
北選手、日本選手のブレード掴む やり直しレースではスライディング 「妨害露骨」と非難殺到 男子ショートトラック
 平昌五輪で20日に行われたショートトラック男子500メートル予選で、渡辺啓太(阪南大職)に対する北朝鮮選手の妨害行為が露骨すぎるとして、非難の声が殺到している。
 問題のシーンはスタート直後に起きた。
 第1コーナー手前で北朝鮮のチョン・グァンボムが前屈みになって転倒。倒れ込みながら、隣を滑走していた渡辺の左足下に右手を伸ばし、ブレードをつかみかかった。渡辺は若干態勢を崩したものの転倒はしなかった。
 故意ともとれるチョンの行為に対してネットでは「露骨すぎ!」「スポーツマンシップの欠片もない」などの怒りの声が上がった。
 最初のコーナーで転倒があった場合は再スタートとなるためレースは仕切り直しに。しかし、2回目のレースでも問題がおきた。レース序盤にチョンが渡辺と激しく接触した後、チョンが再び転倒すると、今度は渡辺に向かって足を伸ばしてスライディング。渡辺はこれを間一髪でかわして事なきを得た。
 同レースに米国のトーマス・ホンも出場していたため、米メディアも反応。ニューヨーク・ポスト(電子版)は「北朝鮮選手が汚い戦術で失格になった」と報じた。
 渡辺は妨害行為を受けながら予選2位で、22日の準々決勝進出を決めている。(五輪速報班)



http://www.cyzo.com/2018/02/post_152193_entry.html
2018.02.22 木
TBS『ひるおび!』が北朝鮮選手の妨害行為を全カットして大炎上!
一方、加藤浩次は「なんだコイツ」と怒り
 恵俊彰がメインキャスターを務めるワイドショー『ひるおび!』(TBS系)の公式Twitterが炎上している。
 21日の放送では、前日に行われた平昌五輪・男子500mショートトラックの映像を中心に、北朝鮮が送り込んだ“美女応援団”を特集。同競技中、北朝鮮のチョン・グァンボム選手が転倒し、日本人選手のスケート靴のブレードをつかんで転倒させようとするシーンが見られたが、『ひるおび!』はなぜか、この不正行為が“なかったか”のように編集し、放送した。
 なお、映像がスタジオに切り替わってからも、妨害行為についての説明はなし。八代英輝弁護士がコメント中、付け加えるように「他の選手の妨害をしたり、2度も転倒したり、ちょっと酷い」「フェアプレイからかけ離れたような、汚いやり口」と北朝鮮選手を非難する一幕はあったものの、この話題がこれ以上、広げられることはなかった。
 この放送内容に対し、ネット上では批判的なコメントが殺到。『ひるおび!』公式Twitter宛てには、「よくこんな編集できますよね」「ちゃんと報道する気ないなら流さないで欲しい」「偏向報道お疲れ様です」「悪質ですね」といった声が寄せられている。
「『ひるおび!』といえば、これまでも握手シーンを不自然にカットし、川井重勇議長(当時)が小池百合子都知事の握手を拒んだと報じるなど(後に訂正)、強引な編集が問題視されてきた。また、主に安倍政権に関するニュースに偏向が見られるとして、昨年9月に約500人が参加する抗議デモが行われたことも。5年連続で同時間帯の年間平均視聴率で首位を獲得している『ひるおび!』ですが、『信用できない』という視聴者の声は日に日に増しており、最近は裏番組の『バイキング』(フジテレビ系)に数字で追いつかれる日も出てきました」(芸能記者)
 なお、21日のワイドショー『スッキリ!』(日本テレビ系)では、北朝鮮選手の2度に渡る妨害行為を取り上げ、司会の加藤浩次が「なんだコイツ」と怒りを露わにしていた。
 内外で問題となっている北朝鮮選手による妨害シーンをばっさりカットした『ひるおび!』。美女応援団をフィーチャーしたかった結果だろうが、視聴者が抱いた違和感は当然ともいえそうだ。


https://www.excite.co.jp/News/society_g/20170322/Bunshun_1837.html

TBS石井アナの結婚相手はロッテ会長の次女だった!
 文春オンライン 2017年3月22日
 TBSの朝の情報番組「あさチャン!」のスポーツキャスターを務める石井大裕(ともひろ)アナウンサー(31)が、今年5月に結婚することが明らかになった。
 石井アナは、慶應大学卒業後の2010年にTBSに入社。元プロテニス選手の松岡修造氏に師事し、高校卒業後、イタリアを拠点に転戦するなど、異色の経歴を持つ。同局の営業局には3歳上の兄・大貴氏もおり、2人でWell stone bros.(英語で「石井兄弟」の意味)という音楽ユニットでメジャーデビューも果たしている。
 今回の婚約をスクープしたのは3月14日付の日刊スポーツだが、お相手については「大手食品会社の役員令嬢」と報じるのみで、詳細を明かしていない。
 TBS局員が語る。
「石井アナのお相手は、韓国ロッテグループ会長・重光昭夫氏(62)の次女。帝国ホテルで披露宴が行なわれる予定です。しかし一部の局員を除き、新婦については非公開のままです。ロッテはTBSの大スポンサーである上、現在、厳しい状況に追い込まれているからです」
 ロッテといえば、近年、骨肉のお家騒動が勃発したり、韓国での裏金疑惑が浮上するなど、世間の注目を集めてきた。
「創業者の重光武雄氏と長男の宏之氏が、昭夫氏一派によって、日本のロッテから追い出されました。その後、韓国ロッテで勤務実態のない親族に給与を支払っていたなどとして、昭夫氏らは検察当局から140億円にのぼる横領・背任の容疑で起訴され、現在、公判が行なわれています」(ジャーナリスト)
 現在20代前半の次女は、都内の私立大学を卒業後、日本の民間企業に勤めているという。
「昨年秋頃から次女の結婚話が出ており、次女と昭夫さん夫婦の親子三人は武雄さんに結婚の挨拶へ行ったと聞いています。ただ現在、昭夫さん自身が韓国からの出国を禁止されているため、社内でも『こんな大変な騒動のなかで祝い事なんてできるのか』と言われています」(ロッテ関係者)
 TBS広報部は「社員のプライベートについてはお答えしません」と回答。週刊文春3月23日発売号で詳報している。



https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-38324/

【平昌五輪】小平奈緒に「獣のよう」と声をかけたTBS石井アナ、過去に夏目三久も苦言
2018年02月22日 10時15分
 18日、平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒のインタビューで、TBSの石井大裕アナウンサーが「獣のような滑り」と声をかけたことが物議を醸した。
 問題のインタビューは、小平が金メダルを獲得した後に行われた。快挙に興奮気味の石井アナは、「この4年間いろんな事があったと思います。金メダルです」とかなり力を込めて質問。小平選手は少々驚いた表情を浮かべながら、質問に答える。
 さらに、石井アナは「結城コーチの二人三脚もあったと思います。感謝の気持ちどう伝えたいですか?」と質問。これについて小平は「二人三脚ではなくて、ほんとに学生だとかチームの人達が支えてくれたので、みんなにありがとうと言いたいです」と「全員の力」でメダルを獲得できたことを強調。この時点で、視聴者は少々苛立つことに。
 そして最後に、石井アナは「闘争心あふれるまさに獣のような滑りだったと思います」と声をかける。小平は笑いながら「獣かどうかはわからないですけど、躍動感あふれるレースができたかなと思います」と対応し、インタビューは終了した。
 石井アナの「獣のような」という表現について、一部視聴者から「女性に向かって獣のようなとは何事だ」「選手へのリスペクトが感じられない」など、批判が噴出する。
 また、インタビューも全体的にピントがずれている感が否めなかったことから、石井アナの技量不足を指摘する声も。その一方で「特に気にならなかった」「いちいち批判することじゃない」など、擁護の声も出た。
 批判が殺到するなか、石井アナは19日放送の『あさチャン』(TBS系)内で、「獣」という表現を使ったことについて真意を説明。
 小平本人がヒョウやチーターを超えた存在になりたいと話していたことなどから、「獣のような滑り」というフレーズを使ったと語った。
 真意を説明した石井アナだが、それでも「内輪ネタを使うべきではない」「説明しなければわからないことを言うな」など、根強い批判が。一方で、「勉強の証」「納得した」という声もあり、意見が分かれている。
 「石井アナは、前々から賛否両論ある人物。2016年のドラフト会議特番では、選手の苦労話を聞いて号泣し、夏目三久から苦言を呈されたことがある。
 また、自身がテニスプレーヤーだったため、錦織圭について熱く語り、『うざい』と批判を浴びたことも。さらに、織田信成が『あさチャン』を卒業した回でも、MCの夏目アナを横切りハグするという行動に出て、呆れられた。
 小平のメダル獲得に感動し、感情が抑えられなかったのでしょうが、そのようなときこそアナウンサーは冷静に、そして、言葉を選んで喋らなければならない。ピントのずれたあのインタビューは、批判されても仕方がないのでは。
 『獣のような』の是非については賛否両論ですが、いくら番組での前フリがあったといっても、聞いた人間が不愉快に思い、物議を醸すような言葉を使うべきではない。言葉を正しく伝えるアナウンサーとしては失格といわざるをえません」(芸能関係者)
 「獣」という表現が物議を醸した石井アナ。アナウンサーとして、言葉の選択には注意を払ってもらいたいものだ。

▲:ロッテの会長の娘は(石井の妻は)韓国籍だという。ところで、石井大裕のウィキには、奇妙なことに国籍欄が欠如している。国籍は記載したくないということなのだろう。

 ところで、<石×>という姓は、在日コリアンの通名に多い苗字である、もちろん圧倒的多数が日本人のそれだったとしても。そういえば、昼オビMCの恵俊彰の相方は、<石塚>英彦であり、この男は内田裕也の家を紹介する番組で、米つきバッタのように内田を礼賛(?)していた。
 ところで、ロッテの会長が、娘を日本人に嫁に出すだろうか?
 そういえば、石井の顔も、コリアン的顔容といえなくはない。
 もし石井がコリアン系だとしたら、日本国民が感動している金メダリスト女性に対して、<獣のよう>と公然とインタビューして貶め、日本人を不快にさせて楽しむ、のは、いつものコリアンの(いつものTBSの)やりかたであり、ごく自然な彼らの通常業務、ということで理解できる。
PS そういえば、内田裕也や石塚英彦も、ウィキでは国籍欄は無い。内田の義理の息子の本木雅弘には国籍欄があって、そこには日本、となっているけれども。