2018年3月27日火曜日

病院関連 書類提出 福利厚生サイトを利用できない 逢坂誠二


下左が杉山元。


 以前から<安倍政権倒閣運動>を喚いていた連合北海道会長で自治労・つまりは公務員の出村良平。その連合北海道の飼い犬として(連合の応援がなければ議員にはなれない)逢坂誠二。逢坂はモリカケ事件で安部政権倒閣運動の先頭に立っている一人。つまりは、公務員・自治労が現政権を倒そうとしている中核にいるということ。

 本当に、公務員って優雅な商売である。政権がどっちに転ぼうと、組合費さえ払っていれば安泰であり、たとえば年金機構の下請け事件に見られるように、「面倒な仕事」は民間に任せて公務員特権で老後も保証されているのだから。彼らの犬が、逢坂のような議員なのである。

 今日は昼休み中に大通りの証明センターに行き、必要な書類を受け取ってきた。それを持って、事務に提出。

 ついでに、社員の福利厚生のサイトにアクセスできない件を相談する。どうやらアクセスが集中していてサイトに入れないということらしい、けれども、前にも同じようにサイトに入れなかった。ずっと続いている。
 社員に福利厚生のカフェテリアプランなるものを提供していながら、しかし実際にはそのサイトに入れず使えない。こんなことが続くのがこの会社である。
 昨年度の労働法に基づく健康診断の費用も社員に払わせる(少なくとも私は自腹で定期健康検査を受けた)ような会社だから、こうした福利厚生サイトも絵にかいた餅のようになっていたとしても不思議とは思わないけれども。