2018年3月2日金曜日

「数年に一度の雪嵐で不要不急の外出をやめるように放送していたNHK」の記者のために一人が死亡

苫小牧市丸山の林道で、救援出動の男性1人死亡 低気圧で荒天、被害広がる
3/2(金) 16:06配信 苫小牧民報
 急速に発達した低気圧の影響で、道内は1日から2日にかけて暴風雪など荒れた天気に見舞われた。この影響で苫小牧市丸山の林道では、雪で走行できなくなった車の男性と、救援のロードサービス会社従業員の男性ら計4人が一時遭難し、従業員1人が死亡、3人が救助された。千歳市幌美内の支笏湖畔にある温泉旅館の宿泊客や従業員も、大雪による周辺道路の封鎖により孤立状態になるなど被害が広がった。
 札幌管区気象台によると、北上した低気圧は2日にかけて北海道付近を通過、オホーツク海へ進み、道内は各地で暴風雪や大雪など荒れた天気となった。胆振日高地方も荒天に見舞われ、1日から2日正午までの最大瞬間風速は苫小牧市で23・3メートル、えりも町えりも岬で44・3メートル、浦河町で37・4メートルなどを記録。2日正午までの24時間降雪量は苫小牧市9センチ、日高町29センチ、登別市28センチなどを観測した。
 悪天候の影響は各方面で発生した。1日午後には苫小牧市丸山の林道で、雪で動けなくなった車の男性と、車2台で救援に向かったロードサービス会社フロムワン(北広島市)の男性従業員3人の合わせて4人が一時遭難。従業員1人が死亡した。
 苫小牧署の調べによると、死亡したのは同社従業員で千歳市勇舞の筒井智寛さん(28)。救助されたのは、同社従業員で千歳市勇舞の有路将規さん(36)と江別市野幌町の嶋崎純一さん(42)、苫小牧市表町のNHK苫小牧支局記者横山寛生さん(27)。
 同署などよると、1日午後5時15分ごろ、「道に迷っている」とロードサービス会社の従業員から110番通報があり、警察や消防、災害派遣要請を受けた自衛隊などが捜索に当たった。2日午前3時半ごろ、林道付近で倒れていた筒井さんを発見。千歳市内の病院へ搬送したが、約2時間後に死亡が確認された。車内で待機していた他の3人は同日午前4時20分ごろ、無事に救助された。
 一方、千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は1日、大雪による国道453号と道道丸駒線の通行止めで孤立化。宿泊客約70人のほか、従業員19人が帰宅できず、同旅館で一夜を明かした。2日午後1時現在も宿泊客や従業員らが旅館で待機しているが、通行止め解除のめどは立っていない。
 また、荒天により、苫小牧市と白老町の小中学校の計45校が1日に続き2日も臨時休校。交通機関ではJR北海道は2日午前10時までに特急列車37本をはじめ函館線、千歳線、室蘭線など計303本の運休を決めた。苫小牧港発着の旅客フェリーは同日午前11時現在、太平洋フェリー、商船三井フェリー、新日本海フェリーの各運航便で到着に遅れが出ている。新千歳空港は同日午前10時現在、稚内や中標津、青森や秋田といった東北地方を中心に31便が欠航または欠航を決めた。
 道路では、同日午前11時現在、国道276号の苫小牧市丸山―後志管内喜茂別町双葉までの42・1キロ区間、国道336号のえりも町庶野―十勝管内広尾町音調津の21・9キロ区間が通行止めになっている。



NHK「休暇」記者の「吹雪救助」で死者 「不要不急の外出」との関係

3/2(金) 15:28配信 JCAST
 低気圧の影響で暴風雪となっている北海道の苫小牧市で2018年3月2日、市内の林道で立ち往生したNHKの記者の車の救助へ向かったロードサービス会社の従業員が死亡した。同日、NHKなどが報じた。
 車内にいた他の社員2人と、救助を求めた記者は無事に保護された。
■「関係者の皆様におわびいたします」
 NHKの報道によると、救助を求めたのは苫小牧支局所属のNHKの記者で、休暇中に車で移動していたところ、苫小牧市内の林道で積雪によって動けなくなったという。
 救助要請を受けてロードサービスの従業員3人がかけつけたものの、同様に積雪で動けなくなり、車外に出た男性1人が死亡した。
 この事故についてNHK札幌放送局は、J-CASTニュースの取材に対して、
  「救助に来られた方が亡くなられたことは痛恨の思いで、心よりお悔やみ申し上げます。また、ご迷惑をおかけした関係者の皆様におわびいたします」
とコメントした。
 ネット上では「不要不急の外出」を控えるよう呼びかけていたNHK関係者の休暇中の外出が原因となった事故に対し、毎日新聞(ウェブ版、2日)は「鹿狩り」に出ていたと報じているが、担当者は、
  「鹿狩りという報道は把握しているが、NHKとして正式に発表した物ではありません」
  「記者に接触できておらず、休暇中以上の詳細は知らされていません」
と答えた。



<北海道>苫小牧の山林で雪で4人行方不明に 一人が死亡
3/2(金) 17:04配信 HTB北海道テレビ放送
 1日に苫小牧市で、車3台が雪で動けなくなり、一時4人が行方不明になりました。その後3人は無事救助されましたが、28歳の男性1人が死亡しました。
 一時、行方がわからなくなっていたのは、苫小牧市の林道を走行中に、車が雪で動けなくなったNKHの記者の男性と、その救助に向かったロードサービスの従業員3人です。4人のうち、ロードサービスの従業員、筒井智寛さん28歳が、午前3時半ごろ、車の外で意識がない状態で発見され、千歳市内の病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。
 NHK記者の男性は休暇中の28日昼過ぎに鹿射ちのため、林道に入りました。その途中で雪で動けなくなり、ロードサービスの救助を呼びましたが、向かっていた車2台、男性3人も、雪で動けなくなりました。その後、会社からの救助が到着しないため、ロードサービス従業員の男性2人が徒歩で探しにいきましたが、悪天候で道がわからなくなり、その後、筒井さんが疲労で、動けなくなったということです。一緒にいた男性は一度自分の車に戻り、別の男性が再度救助に向かいましたが、筒井さんを見つけることが出来なかったということです。近所の人によりますと、この林道は脇道が多く、冬は除雪も入らないということで、冬に林道に入る人は少ないということです。

HTB北海道テレビ



道内暴風雪続く 苫小牧で1人死亡、車救援の男性従業員
3/2(金) 12:13配信 北海道新聞
道内暴風雪続く 苫小牧で1人死亡、車救援の男性従業員
救援求めたNHK記者は無事救助
 発達した低気圧が通過し冬型の気圧配置が強まった影響で、道内は2日も大荒れの天候が続いている。苫小牧市の林道で、雪で動けなくなった車の救援に向かったロードサービス会社の男性従業員が死亡した。
 苫小牧署によると、1日午後5時15分ごろ、苫小牧市丸山の林道で、車の救援に向かった北広島市のロードサービス会社の従業員から「自分たちも自走できなくなった」と110番があった。同署などが捜索したところ、2日午前3時半ごろ、千歳市勇舞(ゆうまい)8、同社従業員筒井智寛(ちひろ)さん(28)が林道で倒れているのを発見。筒井さんは間もなく死亡が確認された。他の男性従業員2人と、救援を求めたNHK苫小牧支局の男性記者(27)は無事救助された。
 男性記者は2月28日午後、シカ撃ちのため1人で軽RVを運転中、林道で動けなくなり、同日午後5時ごろに保険会社を通じロードサービス会社に連絡した。救援用の車2台が現場に向かったが雪に埋まり、会社に除雪車を要請。筒井さんが徒歩で除雪車を捜そうと車を離れ、行方不明になったという。NHK札幌放送局によると、男性記者は28日は休暇をとっていた。苫小牧市では1日朝からみぞれが降り、視界が悪い状態が続いていた。
北海道新聞社