2018年4月27日金曜日

スペイン旅行(2018) 半日ダイエット


 スペイン旅行中、一緒になったツアー仲間とテーブルを挟んで朝昼晩の食事を取りながらあれこれと話をする。いろいろな人といろいろな話をしたけれども、中でも特に熱心に話題となったのがみんなの<ダイエット作戦>だった。各自いろいろなダイエットに挑戦していたようだけれども、<糖質制限ダイエット>に挑戦して、20㎏近く痩せたという男性の話は興味深かった。
 彼は(私より1歳上)、中肉中背で、身長は170センチくらいである。ここから20㎏増やした姿はちょっと想像できない。現在は見た目60㎏くらいだろう。身体がいうことをきかなくなるぐらいに肥ってしまい、糖質制限ダイエットを試みたという。一切、炭水化物は摂らなかったという。どういうわけかこのダイエットでは、トマトもダメということだった、ということが記憶に残った。
 彼は20㎏以上痩せて、もっと痩せようと思ったけれども風邪を極端に引きやすくなってしまい、そこでダイエットは中止することにしたという。今ではパンも御飯も普通に食べているけれども、食べる量が減ってしまってもう肥らないということだった。
 私もダイエットをやっている。<半日絶食ダイエット>。
 普通は、夜6時から朝6時まで、固形物は食べない。水やお茶やコーヒーは飲んでもいい。夜7時まで夕食を取ったら、翌日は朝の7時までは食べない。半日は絶食する。

 空腹に負けて食べてしまうことは、要するに<胃に支配される>ということ。
 胃に支配されないために、空腹と半日闘う必要がある。
 スペイン旅行中はダイエットは解除して、普通にみんなと一緒に夕食を食べていたし、半日もダイエットをしてはいなかった。旅行中などは除外して、律義にダイエットを続けはしない。適当にやるのがO型の生き方である。
 このダイエットでこの1ヵ月のうちに2㎏痩せた。この調子で続けてゆけば、10㎏ぐらいはいつか痩せることができるのではないかと期待している。

 心が挫けそうになったら、マライアキャリーのおデブちゃん写真をじっと見て、
<胃に支配されていると、やがてはこんなことになってしまう>
 と自分を戒めている。
 ヨーロッパ旅行中にも、マライアのおデブちゃん時代よりも更に肥った人たちを何千人も見かけたけれども、彼らも<胃に支配されて>、本来は食べる必要もないものを食べて、その結果あんなに肥ってしまったのだろうと思った。
 半日絶食し、半日胃と闘っている・胃を説得している・胃と会話していると、食べたい気持ちがやがて弱くなってくるから不思議である。