2018年4月8日日曜日

Adulteryを推奨するキリスト教徒・倉本聰の愚劣さ





 自分の姪が、あんな生活の末にあんな風に殺される結果になったというのに、この自称キリスト教徒の阿呆は、堂々とAdultery・不倫乱倫姦通を推奨しているのである。女優に不倫が必要なら、男優にも、あるいは芸術家にも、そして作家にも、当然必要ということになる。この男、そういえば、自称作家でもある。ということは、そういうことか。
 この愚劣な自称キリスト教徒と深い関係にあるのが、慰安婦問題で有名な北星学園大学である。今度このキリスト教系大学で、この不倫推奨バカキリスト教徒に講演をしてもらうといい。内容は、この週刊文春にある記事を基にするといい。北星学園大学の学生たちがどんな反応をするのだろうか。

 どれだけ日本のキリスト教徒たちが狂っているか、世界の人々に理解してもらえるだろう。
 このバカキリスト教徒の下劣な文章に対して、日本人の牧師の誰一人として反論を出していないようである。そのことからも、日本のキリスト教界というものの、救いがたい堕落が理解できるだろう。