2018年7月17日火曜日

3連休は首都圏と長野の美術館
















羽田でレンタカー
1日目 八王子の村内美術館 上原美術館 松崎泊まり
2日目 石仏見物 箱根の岡田美術館 山梨県立美術館で買い物 ノーベル美術館 松代泊まり
3日目 松代大本営 松本市立美術館 羽田へ

 先月ギリシャ旅行をしたときに知り合った男性から、いろいろ教えてもらう。彼は中部地方に住んでいて、成田から海外旅行にくるときには、車で成田の某ホテルに泊まり(奥さんと一緒に)、そこに車を置いて空港に向かうのだという。ホテルの駐車場には、宿泊すれば2週間くらい(詳しくは覚えていない)無料で駐車できるのだという。これは便利だろう、確かに。
 また、成田や羽田からレンタカーを借りる方法も教えてもらった。
「知り合いがいるから、よかったら、ここの会社を使ってみてください」
 と渡された紙に記されていたレンタカー会社を、この3連休の旅行で使ってみた。羽田空港近くのレンタカー会社。

 箱根の岡田美術館で田中一村の作品を何点か展示する展覧会をやっているのを知っていて、ここに行きたいと思っていた。箱根に行くのなら、以前から行きたいと思っていた伊豆半島南端・下田にある上原美術館(大正製薬会長が創った美術館)にも行ってみたい。
 ところがこの上原美術館、たとえナントカロマンスカーで下田まで行ったとしても、その先の交通が大変で、結局車で行くしかない。札幌からフェリーに乗って岡田美術館や上原美術館を車で回るなんてことになれば、最低でも5,6日は必要である。そんなに暇はない。どうしようか、と考えていたのだけれども、羽田からレンタカーを借りることにすれば、2日あれば十分である。ついでに、八王子の村内美術館にも寄って、伊豆半島に行くのなら「つげ義春」の「長八の宿」で有名な松崎町に泊まって……と計画は固まった。
 そういえば、ノーベル賞をもらった学者が創った美術館が韮崎にある。ブラック山梨県のその美術館にも行ってみよう。山梨県立美術館